壁材としての木の6つのメリット

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

壁材としての木の6つのメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
森林公園の家: HAN環境・建築設計事務所が手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

壁材として一般的な素材は壁紙や塗壁ですが、もちろん木材で壁を仕上げることもできます。無垢材のような床材としての木材には触り心地など、その魅力について馴染みがあるかもしれませんが、木材を壁に使ったインテリアの魅力についてはあまり知られていないかもしれません。そこで今回は、壁材としての木のメリットについて紹介していきたいと思います。

壁材としての木でインテリアにアクセント

壁材としては壁紙が最も一般的ですが、インテリアの1つの壁だけにでも木を取り入れるだけでそれがアクセントとなり、室内の雰囲気をよりおしゃれなものにしてくれます。こちらの株式会社プロトハウス事務局が手掛けた住宅では、家の中央にある壁に様々な色の木材をパッチワークのように張っていき、明るく楽しい雰囲気をインテリアにもたらしてくれています。また、すべての壁をこうしたデザインで統一することなく、インテリアのアクセントとして部分的にうまく取り入れています。

写真:Big Small

調湿効果

木材には調湿機能があるので、夏のジメジメする時は湿気を吸収し、冬の乾燥する時は湿気を放出して室内の空気を快適にしてくれます。こちらの豊田空間デザイン室 一級建築士事務所が手掛けた住宅では、杉板を隙間をあけながら横方向に張っていき、その隙間から明かりが漏れてくる落ち着きのある印象的な空間をつくっています。その杉板も薄いグレーで塗装してより横方向の流れを引き出すことで、空間に広がりを与えています。

癒し効果

木材の癒しを求めてインテリアに木を取り入れる方も多いのではないでしょうか。その癒しに大きく寄与しているのが木の香りです。木の種類によって香りは異なりますし、ほとんど香りのしないものもあるので、建築家と相談しながら樹種だけでなく用いる範囲も決めていくといいでしょう。また、木材のナチュラルな表情も落ち着きを与えてくれる1つの要因です。その表情も年々少しずつ変化し、徐々に味わいが深まっていくのを楽しむこともできます。

写真:吉田誠

部屋を広く大きく見せられる

Interior-1: DOGが手掛けたリビングです。
DOG

Interior-1

DOG
DOG
DOG

‎壁材として木板を用いると、木目や板を張り合わせた時にできる線によって、方向性や素材としての存在感が強く出ます。それによって、上下方向に木材を張ると高さ方向に広がりが感じられ、横方向に張っていくと奥行きが感じられて室内が広く見えます。こちらのDOGが手掛けた住宅のように、吹き抜けなどの高さのある空間をより天井を押し上げて、気持ちのいい開放的な印象をもたらしてくれます。

腰壁で壁を守る

黄色の客室: 虎設計工房が手掛けた寝室です。
虎設計工房

黄色の客室

虎設計工房

長年生活しているとどうしても壁に付いてしまう傷を気にする方も多いと思いますが、一番傷が付きやすい腰までの高さの腰壁を木を使って守るのも1つの方法です。こちらの虎設計工房が手掛けた住まいでは、壁の上部を塗壁‎で、腰壁部分を杉板で仕上げることによって、わんちゃんが届く高さまで‎の壁を保護しています。また、腰壁は目線が下の方に集中するので、インテリアの重心が下にきて重厚感のあるゆったりとした雰囲気をもたらしてくれます。

写真:余有奈

仕切りとしての木の壁材

HOME-KS: atelier raumが手掛けたリビングです。

木の壁材の‎延長として可能となるのが、木材を隙間をあけながら並べていく間仕切りとしての機能です。これにより、室内を緩やかに仕切ることができ、1つの部屋を区切りながらも圧迫感のない広々とした部屋にすることができます。こうしたやわらかく空間を仕切っていく間仕切りは、視線が通ることで広々と感じるだけでなく、風や光も通すので明るく風通しのいい室内とすることができます。シンプルなデザインなので、どんなインテリアにも合わせやすいでしょう。

【壁については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 外壁材を選ぶ前に知っておきたい6つのポイント

※ 真壁vs大壁。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

▶homifyで建築家を探してみませんか?募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※  


是非うまく壁に木材を取り入れてみて下さい!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!