家を汚くしてしまう10の悪習慣!解決策は?

Bad mit Stauraum für Waschmaschine, Burkhard Heß Interiordesign Burkhard Heß Interiordesign モダンスタイルの お風呂
Loading admin actions …

「すぐに家が散らかる・・・」という悩みのある人は、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。今回は、家を汚くしてしまう10の悪習慣と解決策について考えるメリットについて紹介します。

家を汚くしてしまう悪習慣があると、生活空間が不快になるだけでなく、雑菌やカビが繁殖しやすくなり、健康面に悪影響を及ぼす可能性があります。またま長期的に家のダメージにに繋がり、大掃除や修理費用がかかることがあります。解決策を考えることで、無駄な出費を抑えることができます。また家族みんなで家を汚くしてしまう悪習慣を解決することで、家族間のコミュニケーションを促進すし、家族全員が協力して家庭を維持することができます。

家を汚くしてしまう10の悪習慣と解決策について考えることは、健康や経済的なメリットだけでなく、快適な生活や家族間のコミュニケーションにもつながるため、非常に有益なことです!

1.家を汚くしてしまう悪習慣、モノを放置する

家を汚くしてしまう悪習慣の一つに、モノを放置する習慣があります。モノをその場に放置してしまい、散らかりがちに。特に、近年人気の大きなLDKの間取りは、解決策は、モノを使用したらすぐに元の場所に戻す習慣を身につけることです。

「住まいの写真」ページでは様々な種類のダイニングを紹介しています。◀

 ダイニングの写真ページ

2.家を汚くしてしまう悪習慣、服を床に放置する

家を汚くしてしまう悪習慣がある人の特徴に、服を床に放置する習慣があります。原因は、収納量と洋服の量が見合っていないことにあります。収納の乱れや収納の仕方が不十分であると、モノが散らかりやすくなります。整理整頓を徹底し、必要な物は適切な場所に収納する習慣を持つことです。

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録しているリノベーション会社 ※

3.台所のシンクに食器を溜め込む悪習慣

家を汚くしてしまう悪習慣といえば、食器の放置。食器を放置すると、キッチンやダイニングエリアが散らかりがちに。また食器をシンクに溜め込むと、シンクが詰まったり、悪臭が発生したりする可能性があります。食事が終わったらすぐに食器を洗う習慣を持つことが大切です。

【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 一日のストレスを癒してくれる家10選

4.ゴミを放置しがち、またゴミ箱を空にしない習慣

家を汚くしてしまう悪習慣といえば、ゴミの放置。ゴミを放置しておくと、家が不潔になります。食べかすを放置すると、虫が発生したり、家が汚れたりする可能性があります。解決策は、ゴミをこまめに分別し、定期的にゴミ収集日に出す習慣を持つことです。またゴミ箱を空にしない習慣も同様です。ゴミ箱がいっぱいになると、ゴミが溢れてしまったり、悪臭が発生したりする可能性があります。ゴミ箱がいっぱいになったら、すぐに空にする習慣が大切です。

5.家具の上にモノを置きっぱなしにする習慣

家具の上にモノを置きっぱなしにする習慣は、空間が散らかって見える原因の一つ。家具の上にモノを置きっぱなしにするのではなく、すぐに元の場所に戻す習慣をつけましょう。特に気を付けたいのは、オープンキッチンやアイランドキッチンのカウンター。カウンター上に生活用品やモノを放置していると、すぐにキッチンエリアが散らかりやすくなります。

6.ペットのトイレの手入れを怠る

ペットのトイレの手入れを怠ると、ペットを飼っている場合、ペットトイレの手入れを怠ると家全体が臭くなります。ペットの洗髪、定期的なペットのトイレ清掃や、日常的な床掃除で、汚れや悪臭を防ぐことができます。

7.風呂場を放置する習慣

風呂場を放置する習慣は、家を汚くしてしまう悪習慣です。浴室を放置すると、カビや水垢が発生したり、ヌメリが出たりする可能性があります。キッチンやトイレ同様に浴室などの水回りは、日常的に清掃し清潔感を保ちましょう。浴室を使用した後、すぐに掃除する習慣をつけると良いですね。


8.洗濯物を放置する習慣

せっかく洗った洗濯物を放置する習慣はありませんか?洗濯物を干したら、すぐに取り込む習慣をつけましょう。洗濯物を放置すると、部屋が湿気ったり、生乾きの臭いが発生したりする可能性があります。また、取り込んだ洗濯物は、たたんで収納することで整理しましょう。

9.洗った食器を放置する習慣

洗った食器を放置する習慣は、キッチンやダイニングエリアを散らかりやすくする主な原因です。洗って乾かしっぱなしの食器は、時間が経つとカビや臭いの原因やホコリなど不衛生な状態を招きます。キッチンやダイニングエリアに適切な食器収納スペースを設け、使った食器を収納しやすくしましょう。食器棚やパントリーを大きくすることも1つの解決策ですが、使わなくなった食器を処分することも検討してみてください。食器を置く場所や収納方法については、食器の形状や材質、家族のライフスタイルなどに合わせて、最適な方法を探ってみると良いでしょう。

10.玄関に靴を出しっぱなし、靴が散らかっている

玄関に靴が散らかっていると、玄関やリビングが散らかってみえる原因につながります。日常的にはかない靴は靴箱にします習慣をつけましょう。また履かない靴の処分を検討するのも良いでしょう。靴だけでなく玄関は、屋外からの誇りや汚れがたまりやすい場所です。定期的な掃除でホコリやゴミをこまめに取り除く習慣を持ちましょう。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非コメントを書いてください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事