現代の暮らしに息づく土間のある空間5選! | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:2982:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

現代の暮らしに息づく土間のある空間5選!

K.Matsunaga K.Matsunaga
原型からの再生 日本家屋・アジアの家 の 向井一規建築設計工房 和風
Loading admin actions …

土間は、室内にも屋外にもなるとても便利な空間です。日本の家では、土間のある空間を上手に活用しながら限られた生活空間を最大限に生かす工夫がされてきました。ライフスタイルが変化しつつある現在ですが、土間は空間に変化を与え、豊かな使い道ができるユニークな空間です。現代の住宅にある新しい土間のスタイルを5軒ご紹介します。

土間がつなぐ新しい暮らし

通り土間(改築) オリジナルスタイルの 玄関&廊下&階段 の エヌ スケッチ オリジナル
エヌ スケッチ

通り土間(改築)

エヌ スケッチ

改築をした家と、新たに建築された新築部分が共存する家です。畑での暮らしが日常に根付いているため、よりそのライフスタイルに負担にならないようにと計画がされました。この広くゆったりとした土間は改築側の家と、新築側の座敷をつなぐ役割を持っています。エヌ スケッチはかつて廊下や縁側だったこの通路を土間にリノベーションさせることで、室内同士、また室内から畑への移動がぐんとスムーズになる方法を提案しました。思い出や歴史の残っている改築部、眺めを楽しむ新築部、そして畑や自然と全てが一体に融合させる土間。かつての趣を残しながらもモダンなテイストが取り入れられ、和モダンの生きる快適な居住空間が誕生しました。

狭小敷地を活用できる家

札幌市の中心部にある、川沿いの眺めが良い狭小地に建つ家です。限られた敷地の中に最大のパフォーマンスができるよう、内部の配置はもちろんのこと、細部のディテールや内装のモダンさが生きる仕上がりが目を引きます。階段のある空間はモルタル仕上げの土間になっており、クールなイメージながら階段部分を利用した天井の高さが空間をぐっと広く感じさせます。石塚和彦アトリエ一級建築士事務所は土間をはじめ、突き当たりの壁面を利用した小さなシンクのあるペースや、段差を利用した居室の配置などほんの小さな工夫の重なりが家全体に随所に配慮されました。暮らすほどに味わいが深まる家です。

静謐な空間を内包する家

東京郊外の住宅街に建つこの家は、内部に複数の庭を持っています。住宅が密集する土地柄、外部とのプライバシーをしっかりと確保したいというのが住まい手の希望でした。それが叶えられれば、家の中は自由な暮らしを楽しめるようにというのが第一の望みです。石井秀樹建築設計事務所はその思いをヒントに、家の中ながらまるで小さな街を歩いているような空間を提案。複数の中庭を持ち、土間や数段のステップによる段差を活用しながら空間に多様性を与えています。ガラスに囲まれた中庭に降り注ぐ光を自在にあやつり、建物が密集する場所ながら陰影が生み出す美しい空気感を家の随所にもらたしています。土間が様々な役割を持つ空間をつなぎ、採用された漆黒のタイルと隣り合う中庭の緑も美しい対比を見せる洗練された空間が広がっています。

スキップフロアが豊かさを創造する家

桜並木と阿武隈川の穏やかで美しい景色を臨む家。このロケーションをヒントに、前原尚貴建築設計事務所/NAOTAKA MAEHARA ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEはスキップフロアを取り入れた回遊できる空間を計画しました。全体はワンルームをイメージし、階段を中心としたクレバスのような隙間によってフロアの高さを分けながらも繋がりを持つ空間を生み出しました。玄関から伸びる一階の廊下に土間仕上げが採用され、2階まで続く細長い吹き抜けはまるで路地を歩くような趣を感じます。土間で分けられた空間やスキップフロアは同じ面積の何倍も広がりを感じる豊かな住まいとなりました。

歴史ある長屋の再生

周囲の建て替えが進んでいた街並みの中に残った、歴史ある長屋をリノベーションした空間です。風情がありながらも、重ねた年月は住宅としての機能に支障をもたらしていました。長屋の持つ趣は最大限に、さらに現代のライフスタイルにふさわしい空間を向井一規建築設計工房が手がけ見事な再生を果たしました。長屋の特徴である通り土間を囲み、小上がりのスペースと壁面の本棚が共存する空間はまるで和モダンのカフェを思わせる心地よさを感じます。古民家ならではの歴史を感じる構造を活かし、かつての趣をより効果的に見せながら、木をたっぷりと使った内装で温かさがあふれる優しい空間が実現しました。

【土間については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 知っておきたい!いま流行りの土間のメリット・デメリット  

※ 土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 

モダンな土間のある家に興味はありますか?コメントをお願いします!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!