ランダムな小窓が大活躍!ワンルームみたいな住空間

Kanako.K Kanako.K
江田のいえ, CALL SPACE DESIGN CALL SPACE DESIGN モダンデザインの リビング
Loading admin actions …

住宅のプランで欠かせない開口。外と内を繋ぐ大事な役割を持った「窓」、外観にも影響を与えてしまう存在です。機能とデザインを考えるとバランスよく計画するのは難しそうですよね。今回ご紹介するのは、開口を住空間に気持ちよく、効果的に取り入れた明るい住まいです。徳島県徳島市を拠点に活動するCALL SPACE DESIGNが手掛けたこちらの住まいは、「リビングが中心にある家。」をベースにランダムな小窓とブリッジが豊かな住空間を演出します。シンプルにワンルームのような間取りから開口のプランがどことなく繋がっているような、穏やかな空間が広がります。

シンプルなフォルムと小窓の外観

穏やかな周辺環境に建つ本住宅はBOX型のシンプルなデザイン。見た目はシルバー風の外壁仕上げとランダムな小窓が印象的なシンプルでありながら、ちょっぴり個性のある外観です。玄関までのアプローチもモルタル仕上げのスッキリとしたプレーンな仕上げに。全体的にはミニマルテイストでまとめられた、無駄を省いたデザインです。

開放感あふれるワンルーム

「リビングが中心にある家。」というプランの本住宅、二階ブリッジから見下ろすLDKはまさに各用途の空間が一体化となった住空間です。ホワイトベースに柔らかな木目と暖かみのあるトーンがナチュラルシンプルテイストなインテリア。コンパクトなプランですが、二階スペースは必要最低限の個室と大きな吹き抜けを用いた広がりを感じる開放的な空間です。二階個室の壁に設けた小窓がいつもどこかで家族の気配を感じることができます。

景色を切り取る開口

一階のLDKから見上げる吹抜け。特徴となったランダムな小窓から覗くのは周辺環境をちょっとづつ切り取ったような気持ちのいい眺めです。ざっくりと大きく開く開口とはまた一味違った、どことなく風景画を飾っているような、インテリアに賑やかさがプラスされているようです。二階には窓までつながるブリッジ。BOX型のワンルームプランをベースとした住空間に異なる視点と豊かな空間を生むアイテムです。

連続した空間

リビング脇には白い壁に正方形にくり抜いたような入り口のある三畳ほどの和室スペース。室内壁の仕上げには滑らかな仕上がりで自然素材の漆喰仕上げ。コンパクトながらも、ゲストや遠方の家族が休める場所です。来客時には開閉可能な建具がついているものの、普段はスッキリと仕舞い込める仕様です。必要最低限の壁や建具で計画された本住宅は室が連続した繋がりを感じられる住空間です。

拡散する明かりが心地よい住空間

全体プランは長方形というシンプルな形状ながらも、空間は様々な変化を愉しむことが可能です。ワンルームの中に納まる二階スペースは独立したような箱のような存在に。室内窓に吹抜けブリッジのある住空間は風や光の通り道だけでなく室内がまるで小さな町のような空間に感じられるかもしれません。夜には住空間全体を各室や通路からの灯りが優しく拡散して、暖かな雰囲気を演出。20畳ほどの広々としたLDKからは吹き抜けをとおして様々な陰影を愉しめる空間です。

窓から見える景色が気持ちのいい住空間でしたね!気が付いた事があればコメントを下さいね!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!