個性的な外観が魅せる住まい

個性的な外観が魅せる住まい

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

建物の顔とも言えるのは、その外観かもしれません。多くの人が見るのは家の外観。そこから家の特徴やそこに住む家族について想像することになります。ですが家は住むための空間であるため内部空間に力が注がれてしまいます。そして外観は個性を感じさせない一般的なものとなってしまうでしょう。そこで今回紹介したいのは個性的な外観を持つ家です。それは一度見たら忘れられないような強い印象を与えるものとなっています。

オブジェのような外観

今回紹介する家を手がけたのはコヤマアトリエ一級建築士事務所。それは住宅地の一角に建てられました。建物は平屋建てのものになっており、外壁は茶色にまとめられています。通りから見ると見えるのは箱型の建物。そこには窓などが見えず、見えるのは茶色の外壁のみ。そのため普通の家で見られるような生活感を感じさせず、巨大なオブジェのように見えるかもしれません。そして多くの人目を集めることでしょう

プライバシーを守る空間

このようなオブジェのように見える家ですが、近付いてみると驚かされることでしょう。茶色の外壁の一部は塀で、家と一体化しています。そのため塀の背後に建物があるのです。塀の横から家の入口へと向かうと見えるのは半透明の壁。塀の裏側には庭が広がっていますが、その庭のプライバシーを守るように半透明の壁は建てられているのです。本住宅は塀と半透明の壁によってプライベートな生活空間が守られているのです。

風や光が射し込む中庭

塀と半透明の壁に覆われている中庭ですが、そこは壁に覆われた閉じられた場所にはなっているわけではありません。茶色の塀は隙間を空けて建てられています。そこから入り込むのは暖かな太陽の光、そして外の風。そのため、ここでは外からの視線を気にすることなく、ゆっくりとくつろぐことができるのです。

中庭を活かしたベッドルーム

家の中に広がるのは、こうした庭を活かした空間。ベッドルームは庭に面して配置されており、大きなガラス窓が取り付けられています。庭に注ぎ込む光はガラス窓を通じてベッドルームへと射し込みます。通常ではベッドルームはプライベートな場所であるため、窓を開け放すことができず、どうしても暗い空間になってしまいます。ですが、ここでは中庭があることによって、プライバシーを守りながら、太陽の光を取り込むことができるのです。

テラスが生み出す開放感

こうした庭を活かした空間はベッドルームだけではありません。リビングルームの前にも庭が広がっています。ここではベッドルーム同様に多くの明かりを取り込むことができます。それだけでなく庭にはウッドデッキが設けられており、室内の床と同じ高さで広がっています。そのため窓を開放すれば、ウッドデッキとリビングルームは一体化して、まるで1つの部屋のように感じられるでしょう。そして屋外である庭も室内の一部のように感じられるのです。

心地良い暮らしを可能にする個性的な家

本住宅は個性的な外観を持っています。ですが、それはただ人目を引くだけではないのです。個性的な外観を演出する外壁はプライバシーを守りながらも、外から光や風を取り込み心地良い庭を生み出します。そしてベッドルームやリビングに光をもたらします。また、外からの見られることのないテラスによって、リビングルームに大きな開放感をもたらすのです。このような住まいであれば、心地良い暮らしを送れるに違いないでしょう。

個性的な外観の住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!