来年こそ実行したい!住まいに関する12の抱負

Y Matsui Y Matsui
Keith L. Jones, CPA TheCPATaxProblemSolver, Keith L. Jones, CPA TheCPATaxProblemSolver Keith L. Jones, CPA TheCPATaxProblemSolver ベランダ
Loading admin actions …

2022年も残すところあと10日。そろそろ来年の抱負を考える時期にさしかかってきました。皆さんは住まいのなかで、今年できなかったことや来年こそやりたいことはありますか?今回は自分の身の回りのなかから、来年こそは実行したいと思うことを12例考えてみました。言うは易く行うは難し、ではありますが、2023年は少しでも計画が実行に移すことのできる一年にしたいですね!

リビングはこまめに片付ける

ここしばらくは、一日の終わりにはリビングの床に落ちているものを全て拾って片付けるということを心がけていました。来年は一歩進んで、なるべくこまめに片付けて、いつでも人を呼べるリビングにしたいと思います。


カーテンを定期的に洗う

今年は、カーテンを洗わなくてはと思いながらもなかなか実行できなかった一年でした。来年は晴天の続くタイミングや季節の変わり目など、時期を決めて定期的にカーテンを洗おうと思います。

*住まいに関する記事はこちらにもあります

これをしないと年が越せない!大みそかにやっておきたい7つのこと

ガーデニングを頑張る

パンジーやビオラなどの一年草を、今までは苗で買ってきて育てていました。ガーデニングにもだいぶ慣れてきたので、来年は種から育てることにチャレンジしてみようと思います。

水まわりをリフォームする

だいぶ年季が入ってきた我が家のバスルーム。掃除しても落ちない汚れが目立ってきたので、来年は水まわりのリフォームを計画しています。

フローリングをきれいに保つ

ふだんカーペットやラグを敷いているので、フローリングのワックスがけは忘れがちでした。来年は一度床に敷いているものをよけて、フローリングの全面にワックスをかけることを習慣にしたいです。

クローゼットの中を見直す

いつも見て見ぬふりをしていたクローゼットの中も、来年は見直します。古くなったものはもちろん、子どもの成長や体形の変化で家族がもう着なくなった服を整理していきたいです。

*住まいの写真はこちらからご覧いただけます

Homifyに掲載している住まいの写真

季節感のあるデコレーションをする

クリスマスツリーはかろうじて出しましたが、ひな人形や五月人形は結局しまったまま、もう何年も出していませんでした。来年はそれらを飾り、日本の伝統を見直すとともに、住まいに季節感を演出していきたいです。

バルコニーを居心地よく整える

決して広くない我が家のバルコニー。洗濯物を干したりベランダガーデニングをするくらいしか活用されていません。お家時間が長くなった家族のためにも、来年はデッキやアウトドアファニチャーを用意するなどして、みんなに楽しんでもらえるようなバルコニーにしたいと思います。

照明器具を買い替える

電球はほとんどLEDに交換しましたが、照明器具は気がつけば購入から15年以上経ち、器具そのものの寿命が近づいてきました。お気に入りのペンダントライトもコードがかなり傷んでいるようなので、来年は買い替えた方がよさそうです。

ファブリック類の傷みをチェックする

ラグ類やソファのカバーに擦り切れがないかもチェックし、傷みがあったら買い替えようと思います。クッションカバーはハンドソーイングに挑戦したいです。

毎晩キッチンリセットする

夕食の準備をしながら洗い物も並行する、食事が終わったらすぐにテーブルの上を片付ける、ということは実行できた一年でした。来年はコンロも換気扇も拭きあげ、キッチンについた一日の汚れをきちんと落としてから休む習慣をつけようと思います。

在宅勤務の環境を充実させる

通勤がなくなりほぼ在宅勤務に切り替わった今、ホームオフィスの環境をもっと充実させる必要が出てきました。リビングの一部にデスクを置く、仕事専用の本棚を用意するなど、自宅でも仕事に集中できる環境を整備していこうと思います。

*住まいの専門家はこちらからご覧いただけます

Homifyに登録している住まいの専門家

住まいに関する来年の抱負はいかがでしたか?ご意見をお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事