小さな集合住宅のビフォー・アフタ―!リノベーションで驚くほど変身した3つの住まい

Y Matsui Y Matsui
永和江宅, 隹設計 ZHUI Design Studio 隹設計 ZHUI Design Studio オリジナルデザインの キッチン
Loading admin actions …

今回は小さな住まいのビフォー・アフターをご紹介します。リノベーションのタイミングは様々ですが、住設機器に故障が増えたり汚れが目立ってきたら行うのが一般的です。また、アパートやマンションなどの集合住宅は間取りが細かく分かれているものが多く、家族構成の変化に伴って住みにくさを感じることもあります。リノベーションによって暮らしやすく、美しく変身した3軒の住まいをどうぞご覧ください。

1.台湾のフラット~リビングのビフォー

こちらは台湾のZHUI Design Studioが手がけたアパートメントのリフォームです。部屋の一部にソファやテーブルをまとめて配置しているので、リビングとしてはどうしても狭さを感じてしまいます。一方リビングには窓が大きく取られており、自然光がたっぷり入りそうです。

*住まいのビフォー・アフターに関する記事はこちらにもあります

こんなに変わる!家具のビフォー・アフター5選

台湾のフラット~リビングのアフター

リビングはシンプルモダンな空間に生まれ変わりました。壁と天井は白に統一され、自然光をよく反射する明るいリビングに。ローバックソファは天井を高く見せてくれます。家具や内装を主張しないモノトーンカラーに抑えているので、壁の絵がよく映えますね。

台湾のフラット~キッチンのビフォー

リフォーム前はレトロな2列型キッチンでした。昭和生まれのあなたなら、どこか懐かしさを感じる佇まいですよね。古くてもきれいに使われていますが、黄ばんだキッチンセットの扉や通路の狭さが気になります。

台湾のフラット~キッチンのアフター

独立型のキッチンは間仕切り壁を取り払い、L型のオープンキッチンにリノベーションされました。照明は多灯シーリングライト、システムキッチンの面材には木目調のカラーをチョイスし、モダンな中にもあたたかみを感じるインテリアに仕上がっています。

2.ちょこっとリフォーム~リビングのビフォー

こちらは壁を撤去するなどといった大掛かりなリフォームはせずに、インテリアを美しく生き返らせたアパートメントです。改装前のリビングルームを構成しているのはグレーのソファ、ダークカラーの床材など。素材一つひとつは悪くありませんが、このままでは全体的に薄暗く、夜が長く寒い冬を明るく彩るのにふさわしいインテリアとはいえません。

ちょこっとリフォーム~リビングのアフター

ソファや床材はそのまま、間取りにも変更は加えていませんが、白く柔らかい素材のシアーカーテン、マルチカラーのクッション、ラグなどを置くことで、居心地よいリビングルームに生まれ変わりました。壁にはフェイクグリーンのフレームをかけて、空間に彩を添えています。

ちょこっとリフォーム~ベッドルームのビフォー

こちらはリフォーム前のベッドルームです。ここへベッドを置くだけではちょっと寒々しい雰囲気になりそうな、細長い空間ですが、シンプルなだけに、いろいろ手を加えてみる価値はあります。

ちょこっとリフォーム~ベッドルームのアフター

ビッグサイズのペンダントライトとスタンドライトを置いて、明るさをプラスしました。シェードは軽い素材でできているので、サイズは大きくても部屋に圧迫感を与えません。窓には柔らかな自然光を通すシアーカーテンをかけています。壁にかかっている2枚のフレームも、明るいベッドルームを演出しています。小さな部屋のベースカラーには白が好んで用いられますが、照明やフレームで個性を出しており、部屋の印象が大きく変わりました。

3.ポルトガルのフラット~リビングのビフォー・アフター

経年により劣化が目立つ壁面や調度品。クラシカルな雰囲気が魅力的ではありますが、カーペットはダークカラーで、たっぷり入るはずの自然光を十分に生かし切れているとはいえません。

リフォーム後は自然光の気持ちよいモダンなリビングに。天井と壁は白でまとめられ、明るくモダンなリビングに大変身しました。壁掛けの絵の上部にはダウンライト、部屋の中心にはペンダントライトを配置しており、必要なところに必要な明るさの照明が計画されています。

ポルトガルのフラット~キッチンのビフォー・アフタ―

リフォーム前はグレーを基調としたキッチンでした。きれいに保たれてはいますが、やはり機能やデザインの古さは否めません。キッチンを取り替えることによって、使い勝手はもっとよくなりそうです。

システムキッチンの導入により、アフターは使いやすく美しいキッチンになりました。キッチン本体はライトブラウンで落ち着いた雰囲気を出しています。一方、高い位置にある吊戸棚は天井と一体化して見えるホワイトとしており、空間に広がりが感じられるようになりました。

ポルトガルのフラット~バスルームのビフォー・アフタ―

こちらはバスルームのビフォーアフタ―です。床タイルの柄と木目の洗面化粧台に、レトロな雰囲気が感じられます。それでも水まわりは経年による傷みが目立つ場所ですから、定期的なリフォームは欠かせません。

新しく生まれ変わったバスルーム。バスタブを撤去し、シャワーブースを広く取っています。洗面台のカウンタートップやシャワーブースの仕上げに白を使用しているので、明るく清潔感のあるバスルームになりました。シャワーカーテンではなくガラスの腰壁を設置し、ホテルのような高級感ある空間をつくっています。

*リノベーションの専門家はこちらからご覧いただけます

Homifyに登録しているリノベーション会社

小さな住まいの大変身はいかがでしたか?ご意見をお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事