スキップフロアで空間と家族が繋がる家

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

スキップフロアで空間と家族が繋がる家

JUTO JUTO
スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

本日紹介するのは両親の住む母屋の隣に建つ子世帯のための住宅です。二世帯住宅とは違い、世代間に程よい距離感が生まれる独立性の高い住宅計画でありながらも、お互いを頼りにしたり、楽しい時間を共有したりと理想的なライフスタイルを可能にしてくれます。広い敷地の裏手の竹林が趣きのある風景を作りだすのどかな立地に建つ和モダンな住宅、さっそく見てみましょう。

竹林を背景に建つ和モダンな佇まい

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けた家です。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

向って右手に重厚な日本瓦を乗せた母屋が建っています。純日本建築の両親の家を意識して新築された子世帯住宅は、軽やかなガルバリウム鋼板葺きを採用しつつ越屋根にすることで、地域の景観に馴染む和モダンな佇まいを見せています。1階部分の外観には主に木の素材を使っており、木製のルーバーの垂直ラインがファサードに凛とした表情を添えると同時に屋根の水平ラインが安定感のあるフォルムを形成しています。

スキップフロアがもたらす繫がりと広がり

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けたダイニングです。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

冬には冷たい北風から守ってくれる裏の竹林は、夏には涼しさと緑豊かな景色を提供してくれ、対照的な南面は母屋と共有の広い庭が広がります。設計担当のかんばら設計室はそんな立地条件を最大限に活用すべくスキップフロアを取り入れ、ダイナミックな視線の交差や気持ちの良い景色をもたらす豊かな空間構成を採用しています。宙に浮いたような居室や奥行きを見せる壁面の重なり、吹抜けなど外観からは予想できない変化に富んだ生活空間ですね。

籠もり感のある居室を組み合わせることで空間に伸縮が生まれる

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けたリビングです。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

スキップフロアを上がったところに家族みんなのスタディコーナーを配置しました。その奥にはさらに数段上がった個室を設けており、これは前出の宙に浮いたような空間に当たります。どの居室も完全に分離されるわけでなく緩やかにお互いが繋がり、家族が各々別室にいてもそれぞれの気配を感じるようなに設計されています。様々な方向に設けられた高窓や縦長の窓からは変化する自然の移ろいを借景として室内に取り込んでいます。

スタディコーナーからは緑豊かな竹林が目の前に広がる!

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けた書斎です。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

北側のスタディコーナーからの竹林の眺めが素敵です。スキップフロアで上がった位置なのでより木々に近いんです。はめ殺し窓と開口可能な窓を組み合わせ、視覚的な演出のみならず換気もきちんと確保しています。右手にさらにスキップフロアで繋がる居室が続きます。

庭の風景を考える

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けたダイニングです。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

ダイニングの後ろには薪ストーブを設置。寒い冬でも心地良い暖が取れます。既存の樹木でしょうか、日本庭園のような落ち着いた自然の風景が大きく切り取られ、空間を演出してくれます。ウッドデッキによって広がりを持たせ、内外が一体化するLDKは明るい南向きで母屋との共有の庭に面しています。

天井の勾配による開放的なLDK

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けたダイニングです。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

屋根の勾配をそのまま生かした天井によって高さのある広がりを持ったLDKですね。人気のアイランド型のオープンキッチンはミニマルなデザインですっきりとした生活空間に仕上がっています。垂れ壁を設けることでテラスとの間にバッファ—ゾーンができ、縁側のような空間が生まれました。スキップフロアで形成される上階も含めて入れ子構造にも似た変化に富んだ内部空間ですね。2階の居室に設けた小窓からひょっこり顔を出して下階の人に声をかけたり、なんてこともあるのでは?

籠もり感のある和室

スキップフロアで繋がる家: かんばら設計室が手掛けた和室です。
かんばら設計室

スキップフロアで繋がる家

かんばら設計室

小上がりや小さな窓によって籠もり感のある和室です。何かと多様に使える和室は現代の住宅でも是非取り入れたい居室のひとつです。小上がりと一体となった造作の腰掛けや壁を始め建具にも白木や木目の美しい素材を採用した清潔感のある住宅、和風の要素とモダンなアイデアがうまく調和した住宅と言えるでしょう。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

共有の中庭を介して異なる世代の交流が生まれる住宅、理想的ですね。皆さんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!