2023年のパントンカラーでつくるインテリアのアイデア10選

Y Matsui Y Matsui
Monsoon 2014, Chivasso BV Chivasso BV 窓・ドア
Loading admin actions …

アメリカの色見本会社Pantone社は、2023年に流行しそうなカラーパレットを発表しました。それによると、2023年のトレンドカラーは「新たに発見した自由」と「新しいことも挑戦する刺激」が感じられるのだそう。一方、Pantoneではニュー・クラシックカラーとよばれる色も提案しています。いずれにしても、来年のカラートレンドは全体的にポジテイブな印象を与えるものと期待されています。今回はトレンドカラーを使ったインテリアのアイデアについて考えていきます。

パワーを感じる色

まずはトレンドの核となるカラーからご紹介します。生命力やパワーを感じる色といえば、やはり赤ですよね。Pantoneでは鮮やかな赤、フィアリーレッドがトレンド色のひとつになると予想しています。木の質感が好まれる日本の住宅では、部屋全体ではなくアクセントやメインカラーに赤を用いると、流行を意識したインテリアになりそうですね。

*パントンカラーに関する記事はこちらにもあります

2023年パントンカラーの予想!デジタルラベンダー色の取り入れ方

健康効果の高い色

健康に良い効果があるとされる緑もトレンドカラーに選ばれています。なかでも目にやさしく、自然を感じさせるクラシックグリーンが注目されそうです。クラシックグリーンはナチュラルなインテリアにもなじみつつ、個性ある雰囲気をつくってくれます。

あたたかみある色

ピーチピンクはやさしさを感じさせる色。ピンク色には女子力をあげたり、攻撃的な気持ちを低下させるといった効果もあると聞きます。リビングに上手に取り入れれば、家族とのだんらんも穏やかな時間になるかもしれませんね。

刺激を与える色

ヴィヴィッドなピンクは赤の持つ活力に紫の創造性、ピンクのやさしさを兼ね備えています。インスピレーションだけでなく、あたたかみも感じられる色といえるでしょう。ヴィヴィッドなピンクは、モノトーンを基調としたインテリアに華やかさをプラスしてくれますね。

喜びを感じる色

黄色は明るく気分を前向きにしてくれる色です。なかでも喜びを放つ色とされるエンパイアイエローが、2023年のトレンドになると予想しています。カジュアルでナチュラルなインテリアをつくりたい方に、特におすすめのカラーです。

落ち着きのある色

ここからはPantoneが唱える2023年のニュー・クラシックカラーをご紹介します。こちらは紫系の色のなかでも淡いライラック色。グレーライラックはパステル調のライラックカラーをグレイッシュにした、やさしく落ち着きを感じる色です。

*住まいの写真はこちらからご覧いただけます

Homifyに掲載している住まいの写真

アクアトーンの色

アクアブルーは透明感のあるカラーながら、インテリアのなかでしっかりと存在感を感じさせています。ペールブルーは、ブルーの持つ気持ちを静める効果に白の軽やかさが加わり、カジュアルだけでなくエレガントなインテリアにも調和します。

自然を映した繊細な色

Pantoneではリーキグリーンもトレンドになると予想しています。リーキとは西洋ネギとよばれる野菜の一種。野菜を思わせる繊細なリーキグリーンは、薄日の差す和室の畳を思わせます。


究極の静けさをつくる色

バニラクリーム、マキアートなど穏やかなベージュ系の色もトレンドカラーのひとつ。Pantoneでは「究極の静けさ」を強調する色として注目しています。明るさを抑えたクラシックスタイルからナチュラルまで、幅広いインテリアスタイルに溶け込む色です。

ニュー・クラシックのカラーコーディネート

2023年のニュー・クラシックカラーは、それぞれの色がお互いにスムーズに調和することで「静かな存在感」を生みだすとしています。ペールトーンだけのカラーコーディネートは単調になりがちですが、どの色をメインカラーにするか決めてコーディネートすれば、やさしいなかにもメリハリのあるインテリアにすることができます。

*インテリアの専門家はこちらからご覧いただけます

Homifyに登録しているインテリアコーディネーター

インスピレーションは得られましたか?ご意見をぜひお聞かせください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事