北側外観: 有限会社Y設計室が手掛けた家です。

コンパクトハウス!のびのび猫と犬とくらす家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

昔から犬や猫は身近な存在であり、人と暮らすペットとして様々な形でその関係は続いています。今日まで進化を遂げる住空間は、主に人間にとって嬉しい形に変化していくことが当たり前ですが、室内で生活を共にするペットにとっては型に馴染まなくてはならないとなると、のびのびと過ごせる環境になっているのでしょうか。そこで今回ご紹介したいのは、猫が9匹と犬が1匹と飼い主さんの新たに減築として生まれ変わった住まいです。有限会社Y設計室が手掛けた本住宅は、以前の建物より「減築」させることにより、その家族構成に収まる広さを確保した上に新たな庭を配置し、住環境への快適さを向上させることにありました。敷地一杯に建っていた以前の建物よりも、機能的な庭や余白は見た目にもゆとりが生まれました。

コンパクトな外観

場所は福岡市内の住宅街の一角。敷地は間口が4mの奥行が23.6mというそろばんのフレームのような細長い形状です。そこは以前より、近隣を見渡せばほぼ建蔽率100%の住宅が並ぶ防災上、不安の残る住まいでした。今回の改築によってその見た目は大きく変貌を遂げ、4mの間口ながら入口の前庭を通って玄関へアプローチする、コンパクトでゆとりを持ったものへとなりました。モダンな外観はプライベートを考慮した少し控えめでスッキリとした印象です。

小さな外観に大きな窓

南側の外観は小さな庭を手前に少し奥まった位置に住宅が見えます。コンパクトな外観ですが、そこには大きな開口を携えて堂々と構えているようにも見えます。敷地と道路を隔てるのは少し背の高い木柵。大きな開口があっても通りをゆく人の視線はしっかりと遮り、ストレスなく住まう事が可能です。余分に広すぎず、植栽のある庭も確保できる住まいは、住空間に緑や光や風をしっかり呼び込む事が可能となりました。そして南北にある庭は愛犬の過ごす場所でもあり、細長く伸びる敷地を自由に行き来できることによって家を警備してくれます。

キャットウォークのある中庭

中庭上部 キャットウォーク: 有限会社Y設計室が手掛けたベランダです。
有限会社Y設計室

中庭上部 キャットウォーク

有限会社Y設計室

居間に面する中庭は猫の為の庭です。二階に設けられた「猫の部屋」から開口を抜けてブリッジのような外部キャットウォーク。そこは9匹の猫が思い思いに過ごせる場所のひとつで、気持ちよく差し込む太陽光を心おきなく浴びることができるはずです。道路でゴロゴロと寛ぐノラ猫さん等のリスクを考えると、家族の一員として大事なスペースとなります。

コンパクトの中の開放感

南側に位置するリビングルーム。天井の高い空間は細長い大きな開口が設けられ、空間の奥まで暖かい太陽の日差しが差し込みます。間口4mの空間ですが、そこは開放感あふれる明るい気持ちのいい空間です。開口の上部だけは常に開けていても、外からの視線を感じることなく、室内に光を取り込むことは可能です。細長く一見不便にも思える形状は、工夫とアイデア次第で快適な空間へと変貌します。

猫のための空間

9匹の猫と暮らす感覚を体感する事は極めてまれです。きっと人よりも数が勝る猫にとって猫のための空間は重要です。猫社会に人がお邪魔するような場所、そこには猫カフェのように、壁面のキャットウォークや清潔な床、コーナーの爪とぎ板など、猫にも家にも優しいくつろぎの空間。猫は高いところに登ったりするのが得意のようですから、二階の猫室から見下ろす吹き抜けだって楽しい居場所なのかもしれません。

人とペットが共有する住まい

居間から猫室を見る: 有限会社Y設計室が手掛けたリビングです。
有限会社Y設計室

居間から猫室を見る

有限会社Y設計室

白を基調に艶のある木目のフローリングの内装は明るく上品な印象の空間です。二階のロフトのような猫室とリビングを共有する空間は人と猫が各々にくつろぎながらも互いの生活を程よい距離感で意識することが可能です。そして南北の前庭を自由に行き来する愛犬はリビングの開口を開け放てばみんなが繋がる場所です。1人の人間と10匹の動物が住まう形は、各々に丁度良いスペースを持った、調和された住空間となりました。

これからの住まい方の一つとして、人と動物が住みやすい理想の形かもしれませんね。是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!