2023年はこれが来る!インテリアデザインのトレンド5選

Y Matsui Y Matsui
Quadri Classici, BIMAGO.it BIMAGO.it クラシックデザインの ダイニング
Loading admin actions …

2023年のインテリアは見た目に美しいだけでなく、私たちがどのように暮らしたいのかが今まで以上に反映されるだろうといわれています。多くの場合、トレンドは新しい生活様式への着実な移行を示しています。ここ数年ですっかり変貌した私たちの日常生活は、今後のインテリアにどのように反映されるのでしょうか。今回は2023年にトレンドになると思われるインテリアスタイルと、新しい暮らしに応じたインテリアについて考えていきます。

健康に目を向けたインテリア

2023年のインテリアは、心と身体に十分な休息を与えることが基本です。もともと健康への関心の高い私たち日本人ですが、ここ数年のコロナ禍もあり、今まで以上に心身の好不調に敏感になっているのではないでしょうか。

落ち込みがちな気持ちを引き上げ、健康を維持するために、インテリアの力を借りましょう。そのためにはまず、インテリアカラーと感情との関係を知っておくことをおすすめします。一般的に、赤やオレンジなどの暖色系はエネルギーを与えてくれる色、緑、青、紫などの寒色系はリラックスに導く色、白、グレーなどのモノトーンは気持ちを穏やかにする色とされています。

リバイバルするデザイン

大人気のミニマルスタイルインテリアも、来年はもう少しデコラティブなスタイルへと変化していくといわれています。今注目されているのはアール・デコスタイル。装飾で埋め尽くすようなスタイルではないものの、ディテールに凝ったインテリアです。


2023年のインテリアには、アール・デコスタイルのもつ鮮やかな色や幾何学模様、左右対称などの特徴が現れてくるのでは、と期待されています。

懐かしさを感じるテイストにも人気が高まりつつあります。ここ数年はミッドセンチュリーやポストモダンとよばれる1980年代のポップアートが流行していました。今年のキーワードである「あたたかさ」「リラックス感」を考慮すると、暖色系のソファなど、1970年代のインテリアがトレンドになりそうです。

ワークプレイスにも快適さをプラス

在宅勤務がすっかり定着し、自宅にもオフィスのような機能性の高さが求められるようになりました。逆に、オフィスにいても居心地の良さが重視される傾向にあります。どこにいても快適であること、気持ちよく仕事ができるということが効率的に働くために大切になってきています。

*ホームオフィスに関する記事はこちらにもあります

快適なホームオフィスのために!在宅勤務のデスクチェアを選ぶ7つのポイント

勤務場所がどこであれ、家具のデザインやレイアウトまで、働く人が幸せになるようなインテリアが今まで以上に求められるでしょう。

多様化するインテリア

家にいる時間が長くなったことで、自宅に求められる機能は多様化しました。オフィスとしてだけでなく、エンターテイメントや運動も自宅で完結させたいという方も増えてきています。サウナやジャグジーといったリラクゼーションをはじめ、ホームシアター、ホームジムなど、家のなかを充実させたいという需要はさらに高まりそうです。

機能を満足させつつ、厳しい審美眼にもかなうアイテムがインテリアに求められていくでしょう。デザイン面に関しては、今までよりちょっと贅沢なものに注がれそうです。

大理石やクリスタルなど、リッチでクラシカルな素材感が注目されると思われます。

自然光を最大限に取り入れる

2023年は自然光を取り入れたインテリアにもっと脚光が集まると思われます。朝日を浴びることが良質な睡眠に大きく関わっていることはよく知られています。

日中は窓を覆わないようにしたり、壁・天井・床を白など光をよく反射する仕上げにするなど、自然光を意識して取り入れたインテリアも注目されそうです。

*インテリアデザインの専門家はこちらからご覧いただけます

Homifyに登録しているインテリアデザイナー

これからのインテリアづくりの参考になりましたか?ご意見をお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事