164 OKACHIMACHI: ゆくい堂株式会社が手掛けたです。

無垢フローリングから合板フローリングまで。木質フローリングの6つのメリット

無垢フローリングから合板フローリングまで。木質フローリングの6つのメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

無垢フローリングや合板フローリングといった木質フローリングを住まいの床材として取り入れる方は多いと思いますが、そのメリットや魅力をきちんと把握して選んでいるでしょうか。ほとんどの住宅で取り入れられている床材ですが、床は日頃から肌が触れる家の住み心地にとってとても重要な部分の1つですので、しっかりとそのメリットを抑えておきましょう。今回は、無垢フローリングや合板フローリングといった木質フローリングのメリットや魅力を紹介していきます。

無垢フローリングが持つ木の香りと趣

無垢フローリングは単層フローリングとも呼びますが、天然木の1枚板からなるので木が本来持っている香りや趣をそのまま味わえます。一方で、複合フローリングとも言われる合板フローリングは、合板などをベースにその上に化粧用の木材を貼ったものなので、木の雰囲気をより楽しみたい方は無垢材を選ぶといいでしょう。しかし最近では、合板フローリングでも無垢材のような仕上がりの高級感のあるものも選べるようになっているので、是非実際に手で触れながら感触を確かめてみて下さい。

豊富なバリエーション

無垢フローリングにはあまり種類がないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には樹種の数だけの多くの無垢材のバリエーションがあり、樹種によって色味や木目は全く変わってきます。複合フローリングでも同様に、豊富なバリエーションの中からイメージ通りのデザインを見つけられるでしょう。こちらのでんホーム株式会社による鳥飼ゲストハウスの床材は、無垢の杉材が使われていますが、ここではそれ以外にも、サクラ、ナラ、クリ、カエデ、チークのフローリングも展示されています。是非直接目で見て触ってその違いを確認してみて下さい。

高い調湿性と断熱性の無垢フローリング

天然木の1枚板からなる単層フローリングは、木材が持つ特徴そのままに高い調湿性と断熱性を持っています。夏のジメジメとした湿気を吸収し、冬の乾燥した空気の湿度を快適なものにしてくれます。こちらのALTS DESIGN OFFICEが手掛けた小さな『離れ』のプロジェクトでは、天井と床を無垢材で仕上げながら、北窓からの温かみのある光と田園風景を臨む南側の大きな開口からの光が、よりその無垢材の持つ温かみと心地よさを引き出しています。

年々増す木の味わい

大半の物は、経年劣化というかたちで年々その性質や見た目が落ちていきますが、1枚の木板からなる無垢フローリングは逆に年を追うごとに木が持つ味わいが深まってくる魅力を持っています。さらに1000年以上前の木材が使われている法隆寺を見てもわかるように、その耐久性も時が経っても衰えません。長く住み続ける住まいだからこそ、徐々に深みを増してくる無垢材を魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

優れた耐水性からペット用まで充実した合板フローリングの商品

合板フローリングには、様々なデザインや機能性を高めたものが数多くあります。前述したような無垢材の仕上がりに近いものや、床暖房に対応したもの、防音性や耐久性に優れたものや、ペットにやさしいものまで色々な機能が揃っています。近年では、タイルや大理石などのデザイン性を持ったフローリングも出てきて、木質フローリングの特性を生かしながら好みのデザインのものを選べるようになってきています。

自然素材の無垢フローリング

子どもを持つ家庭にとって、シックハウス対策はとても重要になると思います。木質フローリングの場合、合板フローリングを選ぶよりも、原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質を含まない自然素材の無垢フローリングを選ぶと安心でしょう。ただし、無垢材に塗る塗料やワックスにもホルムアルデヒドなどが含まれていないものを選ぶ必要があるので建築家としっかり話し合いながら安心で安全な住まいを建てていって下さい。

木の種類で1つ1つ色や肌触りが変わってくるので、是非直接手に取ったり、その上を歩いてみて下さい!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!