そろそろ考えませんか?シニアのベッドルームに必要な6つのポイント

Y Matsui Y Matsui
São Bento Studio II, Rafaela Fraga Brás, Interior Design & Homestyling Rafaela Fraga Brás, Interior Design & Homestyling 小さな寝室
Loading admin actions …

高齢になると避けられない身体の衰え。シニアのベッドルームづくりには、若い世代とは異なる配慮が必要になります。健康寿命を延ばし、いつまでも元気でいてもらうためにも、適切なベッドルームで良質な睡眠をとることは重要です。今回はシニア向けのベッドルームを用意する際、知っておきたいポイントについて考えていきます。

バリアフリーに配慮する

ベッドルームの床に段差をつけないようにしましょう。シニアは筋力が低下するので、思っているより足が上がらず、数ミリの段差にもつまづいてしまうことがあります。高齢者の転倒は家庭内で頻発する事故のひとつです。転倒によるけがが寝たきりの原因にもなるという話は、よく耳にしますよね。


*シニアの住まいに関する記事はこちらにもあります

10のやさしい配慮から始める、高齢者のための家づくり

室内はもちろん、出入り口の敷居の段差にも要注意です。廊下とベッドルームの間に段差があったら、屋内用のスロープを設置するなどして段差を解消しましょう。スロープはゴム製など滑りにくい素材のものがおすすめです。ベッドルームは高齢になるほど長く過ごす場所になり、家族の目が届かないこともありますから、安全には十分な配慮をしたいものです。

布団よりベッドがおすすめ

シニアのベッドルームは和室より洋室、布団よりはベッドにするのがよいでしょう。布団は上げ下ろしが必要で、起き上がりしにくいのがシニアにとって負担になりがちです。また、起きるとき布に足を取られやすく、転倒の一因となってしまうことも。

ベッドは布団をしまう必要がなく、介護が必要な場合も介護者が腰をかがめずに行えるという利点があります。ただし、転落には気をつけましょう。転落防止や起き上がりをサポートするフレーム付きのベッドだと安心ですね。

今までずっと和室に布団を敷いていたという高齢者なら、イグサの感触が恋しくなるかもしれません。そんな方には畳ベッドという選択もあります。畳ベッドはマットレスの代わりに今まで使っていた敷布団をそのまま使うことができます。

ベッドルームはなるべくトイレに近い位置に

今は元気な両親や祖父母でも、将来を見据えるのであれば、ベッドルームはできるだけトイレのそばに計画することをおすすめします。高齢者はトイレに立つ回数が増えますから、移動による転倒のリスクはできるだけ避けたいもの。ベッドルームの隣がトイレなら、要介護のシニアでも、状態によっては自力でトイレに行くことができます。将来介護が必要になった場合でも、ベッドルームの隣にあるトイレは介護者の負担を大きく軽減します。

トイレとベッドルームが別室の場合、部屋の温度差に注意しましょう。急激な温度変化は、血圧変動によるヒートショックのリスクを招くといわれています。

ベッドルームは1階が理想

シニア世代のベッドルームは、階段の上り下りのない1階に計画するのが一般的です。三世代同居の場合、リビングやキッチンのそばにベッドルームがあると、シニアが孤立感や寂しさを感じにくいでしょう。

シニアは夜中に何度も目が覚めたり、眠りが浅かったりということがあります。家族が夜遅くまでリビングにいるようだと、小さな物音でも睡眠を妨げてしまうことも。シニアの寝室の位置については、家族一人ひとりの生活スタイルとも併せて考慮したいですね。

落ち着いたインテリアカラーを心がける

ベッドルームには休息にふさわしい、落ち着いた雰囲気のインテリアを選びましょう。部屋に段差がある場合、そこだけ目立つ色にしておくのも転倒防止につながります。赤や黒は高齢者にとって視認性が高く、注意を向けやすい色といえます。

高齢になると色の見え方も変わってきます。ものが黄色っぽく見える、暗い場所で青系のものが見えにくい、といったシニア特有の色の見え方も覚えておきましょう。

車いす対応にする

シニアのベッドルームでは、将来的に車いすを使用する可能性を考慮しましょう。床は車いすに対応できる素材を選びます。最近は車いすや杖の跡が目立たなかったり、転倒時にけがをしにくい高齢者対応の床材も出ています。

車いすが通ることのできる出入り口の幅は75cm以上必要です。扉は車いすに乗ったまま楽に操作できる引き戸にするのが理想です。


インテリアの専門家はこちらからご覧いただけます

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!