繊細でかつダイナミックな様相を持った都市型住宅

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

繊細でかつダイナミックな様相を持った都市型住宅

JUTO JUTO
祐天寺の家: 根來宏典建築研究所が手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

ひと際目立つ外観の住宅が典型的な住宅地に新しい街並を形成しています。限られた土地でプライバシーを保ちながら快適な住環境を実現するために、沢山の工夫やアイデアがちりばめられたこの家は、根來宏典建築研究所が手がけたものでダイナミックかつ繊細な要素が織り込まれたハイセンスな都市型住宅です。

キャンティレバーがもたらす機能性と存在感

浮遊するボリュームと縦格子: 根來宏典建築研究所が手掛けた家です。
根來宏典建築研究所

浮遊するボリュームと縦格子

根來宏典建築研究所

セットバックした建物の2階部分をキャンティレバーによってボリュームを軽減させ、さらに浮遊感を出したダイナミックな佇まいです。都市型住宅では有効な土地利用が重要なので、 キャンティレバーの下部に十分な駐車スペースを確保しています。新しい街並を作り出す瀟洒なファサードは目立つ存在ではあるのですが、一部ルーバーで囲った2階部分から伺える内部の気配や柔らかい光で照らす外灯がによって親しみのある雰囲気を作っていますね。

雁行を取り入れた玄関廻り

惹き込まれるアプローチ: 根來宏典建築研究所が手掛けた廊下 & 玄関です。
根來宏典建築研究所

惹き込まれるアプローチ

根來宏典建築研究所

通りから玄関アプローチを進み、さらに黒塗りの門扉を通ると広々としたポーチが出迎えてくれます。同様の黒で統一した玄関ドアも含めて落ち着きのあるゆったりとした玄関廻りは高級感を感じさせます。道路側からアプローチ、ポーチ、三和土を雁行にデザインしているため、ゆるやかに視線をずらし、プライバシーに配慮した工夫がされています。そして奥へと引き込まれるような感覚さえ生まれるような魅力的な空間です。建築家のデザイン力が表れています。

腰掛待合のある家

通りから玄関アプローチを進み、さらに黒塗りの門扉を通ると広々としたポーチが出迎えてくれます。同様の黒で統一した玄関ドアも含めて落ち着きのあるゆったりとした玄関廻りは高級感を感じさせます。道路側からアプローチ、ポーチ、三和土を雁行にデザインしているため、ゆるやかに視線をずらし、プライバシーに配慮した工夫がされています。そして奥へと引き込まれるような感覚さえ生まれるような魅力的な空間です。

収納たっぷりの開放的な玄関

奥行きを感じ、光差し込む玄関: 根來宏典建築研究所が手掛けた廊下 & 玄関です。
根來宏典建築研究所

奥行きを感じ、光差し込む玄関

根來宏典建築研究所

玄関三和土はポーチと同素材のグレーのタイルを敷き、内外空間に連続性をもたらしています。この住宅は1階にプライベート空間を配置しています。奥に見えるのは書斎です。奥行きを強調するまっすぐに伸びた廊下と平行する階段を結ぶ一段上がった上がり框にも収納を設けて、玄関廻りには造作でたっぷりの収納が確保されています。

重厚感と軽快感をもった階段

クラシック、それでいてコンテンポラリー: 根來宏典建築研究所が手掛けた廊下 & 玄関です。
根來宏典建築研究所

クラシック、それでいてコンテンポラリー

根來宏典建築研究所

開放的な玄関を中心として各居室が配置されています。板厚70mmの贅沢な階段は方持ちにすることで重厚感と軽快感を持たせています。壁にはオーダーメイドのざらっとした質感のあるタイルを吹抜けの壁いっぱいに貼り、繊細ながらもダイナミックな演出を試みています。

書斎の工夫

寝室前室としての書斎: 根來宏典建築研究所が手掛けた書斎です。
根來宏典建築研究所

寝室前室としての書斎

根來宏典建築研究所

玄関奥の書斎コーナーを見てみましょう。4帖ほどのスペースを造作のカウンターや棚ですっきりとまとめています。使いやすいカウンター廻りは 現代のライフスタイルでは欠かせない電子機器やインターネット関係の雑多なものを納められるようデザインされているんです。奥は寝室に繋がっており、動線にも無駄のない工夫がされていますね。

狭くても豊かな空間が作れるんです!

収納と素材感を充実させた子供部屋: 根來宏典建築研究所が手掛けた子供部屋です。
根來宏典建築研究所

収納と素材感を充実させた子供部屋

根來宏典建築研究所

子ども部屋も見てみましょう。こちらも4帖ほどのスペースで、決して広いとは言えないんですが、壁に設置した吊り棚や造り付けの収納が大変機能的でしかも空間を有効に使えますね。ブルーの壁がアクセントとなって木目の綺麗な無垢のフローリングを引き立ててくれます。

自然素材が織り成す落ち着いた生活空間

広々としたリビング・ダイニング: 根來宏典建築研究所が手掛けたリビングです。
根來宏典建築研究所

広々としたリビング・ダイニング

根來宏典建築研究所

階段を上がると2階は主要な生活空間が広がります。光によってテクスチャーに変化をもたらすオーダーメイドのタイルや剥き出しの木梁が暖かみのある空間を演出していますね。タイルは中庭にまで続き、内外の境界を曖昧にしながら一体感を持たせたアイデアです。

家具や照明も吟味しよう

北欧系の家具や照明がぴったりのナチュラルなリビングダイニングです。時を経るとともに味わいを増していくような素材を多く取り入れ、またクライアントのセンスを生かして選りすぐった調度品を揃えた住まいは家族の成長を見守り、日々の生活を彩ってくれるのではないでしょうか。

独立型キッチンのメリット

最近はオープンなアイランドキッチンが人気なのですが、こちらのお宅は奥様の希望で生活感がリビングダイニングにまで広がらないよう独立型のキッチンを取り入れています。壁付けの一直線上のキッチンカウンターは調理の効率を上げてくれます。その他の家電やキッチンツール等は造り付けの棚にすっきりと納まっています。カウンターと椅子を設えているのも機能的な家事スペースとしては参考にしたいですね。さらに家事を効率よくこなすため動線が工夫されているんです。奥には浴室が見えています。

賢い家事動線

浴室からサービスバルコニーまで: 根來宏典建築研究所が手掛けた浴室です。
根來宏典建築研究所

浴室からサービスバルコニーまで

根來宏典建築研究所

浴室のほうから見ると、浴室⇒洗面脱衣室⇒ランドリールーム⇒キッチン⇒パントリー⇒サービスバルコニーと一直線に並んでおり、家事全般がこの動線で完結するようになっているんです。従って家族の団らんや楽しむための場であるリビングダイニングに家事動線が混ざることがないんですね。徹底した動線計画でメリハリのあるライフスタイルが実現しています。

都市型住宅でも工夫次第で豊かな住空間が持てるんです

テラスで過ごす時間: 根來宏典建築研究所が手掛けたテラス・ベランダです。
根來宏典建築研究所

テラスで過ごす時間

根來宏典建築研究所

都市型住宅における悩みとして面積が限られていたり、近隣や道路からの視線が気になるといったことがよく聞かれますが、そんな制約の中でも工夫次第で豊かな住空間を作ることが可能です。庭の変わりにプライバシーをしっかり確保したテラスを設置するのも解決策の一つです。リビングと一体化させることでアウトドアリビングとなり、空を眺めたり、太陽が作り出す陰影を楽しむことはもちろん、ご飯を食べたりパーティーを開いたりととの用途は意外とあるんです。造り付けのベンチがすっきりとした空間をつくり、壁のスポットライトによってお洒落に演出されています。ちょっとしたアイデアで無限の可能性を秘めた家づくり、皆さんも是非挑戦してみませんか?

ダイナミックでかつ繊細なデザインが印象的な家について皆さんの感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!