ファミリー世帯のための憧れの住宅10選

A.Imamura A.Imamura
ガリバ・ハウス, BE-FUN DESIGN BE-FUN DESIGN 家
Loading admin actions …

家族のライフステージにあわせた建築計画を考えたことはありますか?小さな子供がいるカップルのためのファミリー住まいでは、子育てや家族中心の間取りが好まれます。カップル時代の大人目線の家探しとは異なり、ファミリー世帯の物件探しは考えることが沢山あります。今回は、ファミリー世帯に人気のある住宅の特徴をご紹介していきます。

ファミリー世帯には、コミュニケーション重視のリビング階段

ファミリー世帯から人気を集めている住まいと言えば、リビング階段のある家。リビング階段の住まいの特徴は、大きな吹き抜けのリビングと階段が家の中心に配置された間取りです。廊下を設けないので居室が広くとれ、家族同士が顔をあわせ易いオープンな雰囲気です。家族の気配をゆるやかに感じられるので安心感があります。

「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングを紹介しています。◀

 リビングの写真ページ

ファミリー世帯の強い味方、二世帯住宅で育児も安心

ファミリー世帯の育児の強い味方と言えば、二世帯住宅。こちらのファミリー世帯の家は、ゆったりとした敷地を生かし双子の様な愛らしい平屋二棟が緩やかな角度で繋がっています。開放的でおおらかな間取りの平屋は、完全分離型住居でも閉塞感がなく、ゆったりとした距離感と開放感でお互いの暮らしを尊重する建築計画です。親世帯・子世帯で共に育児を楽しみながら長く暮らせそうな住まいですね。

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録しているリノベーション会社 ※

子供目線の住まい

ファミリー世帯の家の主役は、何と言っても子供達ではないでしょうか?こちらは「ガリバ・ハウス」と名付けられたまさに子供の目線になれる空間がある住まい。リビングルームの下には天井の低いガリバーゾーンと呼ばれる天井空間が設けられ、大人であれば屈まなければならない空間が。ここでは誰もが子供の目線で遊べる空間に。

【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 あなたらしい暮らし方は?色々な住まいの選び方

ライフステージを考えたフレキシブルな子供部屋

ファミリー世帯のライフステージで、必要になってくる子供部屋。スキップフロアでゾーニングされたこちらの空間は、天井の高い子供部屋に。ブランコなどの遊具をつるしたり、間仕切りできるように梁を見せるデザインです。天井高を活かし、将来的にロフトを設置することも可能です。ファミリー世帯のライフステージにあわせたフレキシブルな空間です。

ライフステージと住み替えを考えた家

ファミリー世帯ではライフステージの変化を考慮した住まい選びが必要になります。こちらは低価格の中古マンションを家族のライフステージに合わせて計画することで「小さな負担で自宅を持つ」という優しい計画です。大きなワンルーム空間にバスルームが設けられており、必要に応じて間仕切りして使うデザインに。浴室として使用しない時は居室として使えるので狭さを感じさせません。

ペットと暮らすファミリー世帯の家

ファミリー世帯の家族団欒を繋ぐペット。ペットも含めた家族の暮らしを住まいの計画時に考えてみるはどうでしょうか?こちらはペットの犬と猫が内外を自由に動き回れる住まい。家の中に配置された5つの庭が住居空間を繋げ、採光・通風・自然、そして程よく距離感のとれる間取りです。

家族みんなでクライミングウォール

雨の日は外で遊べないので退屈しがち。そんな子供達を楽しませるファミリー世帯の家は、クライミングウォールが主尺です。大きな吹き抜けに設置されたクライミングウォールは、カラフルなボルダリングはインテリアのおしゃれなアクセントとしても素敵です。

家族で楽しむテラス時間

ファミリー世帯の家で人気のテラスのある住まい。特にコロナ禍で外出が出来ない時期は、自宅のテラスや庭でのアクティビティに注目が集まりました。夏の直射日光を和らげる芝や人工芝を敷けば、夏でも家族みんなで楽しめる屋外空間として活躍します。

家族が過ごすキッチンダイニングを居心地よく

ファミリー世帯の家族団欒の中心と言えば、キッチンダイニングではないでしょうか?こちらのファミリー世帯の家は、オープンキッチンで家族の様子が伺い易い開放的なデザイン。キッチンの背面に設置されたオープンな壁面棚の下にはワークスペースが設けられ、家事の合間にインターネットを見たり、コーヒーを飲みながらゆったりと一休みできそうなカフェのような空間としてデザインされています。

小さくても遊び心いっぱいのユニークな空間

育児にお金のかかるファミリー世帯から人気を集めている狭小住宅は、狭さを活かした個性的な間取りが実現できます。こちらは、吹き抜けの大空間の中に黒いボックスが設けられ、スキップフロアの高低差を使いながらさまざまな小さな空間をつくり出しています。ダイナミックな空間は、家族の繋がりとワクワクする感覚が詰まっています。


素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!