ダイニングと中庭: 株式会社ブレッツァ・アーキテクツが手掛けたダイニングです。

坪庭がもたらす快適さ!家族の笑顔があふれるモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

皆さんは、住まいに坪庭があることのメリットについて考えたことはありますか?植栽によって作られる癒しの空間であったり、通風や採光を取るためであったりetc. 現代において坪庭は、快適な家作りのための大切な要素となっています。今回ご紹介するのは、そんな小さな中庭を設けることで家族が伸び伸びと暮らせるようになった住まい。住宅地にある家でも、坪庭によって快適でモダンな住空間が生まれています。この住まいを手掛けたのは、仙台を拠点に活動する株式会社ブレッツァ・アーキテクツです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

シックでモダンな外観

住まいのロケーションは仙台の住宅地。黒を基調としたシックな外壁に、片流れ屋根が目を引くシンプルな2階建ての住まいです。2階のバルコニー部分に使われた板材が、クールでモダンな外観に少しナチュラルな柔らかさをプラスしている印象となっています。直線的な住まいの輪郭が清々しい青空によく映えて、美しい佇まいをしていますね。敷地の南側には隣地の建物があるため、建築家はプライバシーの確保を考えて、南側には窓は設けずに建物の中央に坪庭を設けることで採光を取るプランを採用しています。

住まいの中心にある坪庭

こちらは住まいに設けられた坪庭の様子です。建物の1階空間は、この小さな中庭を中心としてLDKと和室を設けているという構成。中庭を囲むという住まいのレイアウトは、家族が家のどこにいてもお互いの気配を感じることが出来るので、心地よさと安心感がありますね。坪庭の中央にあるシンボルツリーは、木陰を作ってくれたり、木漏れ日を楽しめたりと家族に癒しを与えてくれます。この中庭から室内に届く光と風も快適さを運んでくれて気持ちがよさそうです。

開放感のあるLDK

こちらはダイニングからリビングを見た様子です。中庭を含めLDKはワンルームのような開放的な空間が広がっているのがわかります。また、中庭から室内に柔らかい光が差し込み、家族の大切なスペースである1階空間を明るく快適な雰囲気で包んでいます。南側に開口を設けていなくても、このように小さい坪庭を作ることで、住まいは開放感や心地よい光と風を取り入れることが可能となります。外観が黒を基調としたシックな印象だったのとは対照的に、室内は白を基調としたシンプルナチュラルなインテリアでまとめられています。

1階が見渡せるキッチン

こちらはリビングからダイニングキッチンと中庭を見た様子です。セミオープンとなっているキッチンからは、庭やリビングなど1階の各部屋が見渡せるようになっており、お母さんが料理の作業中でキッチンに立っていても、子供の遊ぶ様子やリビングでくつろぐ家族の姿がしっかりと確認できて安心です。シンボルツリーがそんな家族の生活を優しく見守っているようにも見えます。

フレキシブルな子供部屋

こちらは2階にある2つ並んだ子供部屋の様子です。白を基調としたシンプル&コンパクトな作りで、各部屋にはそれぞれ子供たちが大好きなロフトを設けています。子供部屋の手前にあるスペースはスタディコーナーとなっており、可動式間仕切りによってこの子供部屋と分けられています。それぞれの個室を設けプライベートな時間を作ることで子供たちの自立心を育み、一緒に勉強をしたり遊んだりする時は間仕切りを開けて、とフレキシブルに対応できるスペースとなっているようです。

明るく広々としたスタディコーナー

2階の子供部屋と並んで設けられているスタディコーナーです。可動式間仕切りを開けると、このように子供部屋と一体化し開放的な空間になります。たくさんの開口も設けられているため、視覚的にもより広々とした印象になります。窓に面して造り付けのデスクが設けられており、自然光の中で子供達も伸び伸びと勉強に読書にと、取り組むことが出来そうですね。

坪庭がもたらす快適な家族の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!