幅木で変わるインテリア!知っておきたいその役割と選び方

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

幅木で変わるインテリア!知っておきたいその役割と選び方

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
ESTUDIO GEYAが手掛けた寝室, モダン
Loading admin actions …

幅木という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?巾木という書き方をすることもありますが、それは壁と床の仕上げ材がぶつかる角の部分に用いられる部材のことです。ほぼすべての建物の内装に使われるので、小さい部分と思われるかもしれませんが、機能的にもデザイン的にも重要となるものです。そこで今回は、是非知っておきたい幅木の役割とその選び方を紹介していきたいと思います。

幅木の役割とは

幅木とは、主に建物内部の壁と床が接する部分、もう少し言うと壁の一番下の部分に取り付ける細長い横板です。その役割とは、壁の下の部分を足で蹴ってしまったり、掃除機などが当たった時にその部分が汚れてしまったり、凹みや傷が付いてしまうのを防ぐことです。この部分は、壁や床の仕上げ材の端部となるので、ちょっとしたことで仕上げ材が剥がれてしまったり、割れてしまう可能性があります。そうした端部を守ること、そしてなかなかきれいに施工することが難しい床と壁の接する部分をすっきりと簡単に見せられるといった役割を果たしてくれます。

幅木の選び方

小さな部分と言っても、幅木だけでインテリアの印象は随分と変わります。選ぶ際は、壁や床はもちろん、天井の仕上げの素材やカラーに合ったものを選びましょう。壁や床材にこだわって高価なものを選んで、幅木は適当に安価なものを使ってしまうとインテリアとしてのまとまりが全く失われてしまいます。もし、部屋に置く家具がすでに決まっているのであれば、その家具と合わせた材質や色を選んでみるもの1つの方法です。‎

他の線材と合わせる‎

出来るだけインテリアをシンプルに‎したい場合、幅木の幅を小さくしたり、壁と同じ色を選んでなるべく目立たないようにしますが、逆に他の細長い材と同調させて目立たせることもできます。こちらのインテリアでは、白い壁に対して木材の幅木を用いながら、その色を梁や窓台や壁の見切りと合わせています。白の壁や天井から浮き出てくる印象的な梁などと同様に、インテリアのアクセントとしてとてもまとまりのあるデザインとなっています。

‎壁の色と合わせる

黒板・造作収納 - こだわりが詰まった完全二世帯住宅の家: ジャストの家が手掛けたリビングです。,北欧
ジャストの家

黒板・造作収納 – こだわりが詰まった完全二世帯住宅の家

ジャストの家

‎インテリアをシンプルに見せたい時、幅木は出来れば使いたくないでしょう。しかし、それがなければ最初はきれいですが、徐々に汚れや傷が目立ってきて、壁や床を張替える必要がでてくる可能性があります。幅木を使いながら簡単にスッキリと見せる方法の1つは、その色を壁と一緒にすることです。それだけでその存在感はなくなり、1つの壁のまとまりに見えてきます。

石の床材との組み合わせ

‎高級感がありどこか神秘的な雰囲気をもたらしてくれる石で床を仕上げることもあると思いますが、その壁がクロス仕上げなどで石やタイル仕上げではない場合、幅木も石にすることがほとんどです。‎石材の端部はかけやすく、その部分を直すにも手間やお金がかかってしまうので、しっかりと端を保護してあげることが重要となります。見た目としては床と同じ素材を用いるので。床と一体化したようなすっきりとした印象になります。

タイルとの組み合わせ

homifyが手掛けた現代の, モダン

タイルは色だけでなく柄のデザインの種類も豊富で、思い通りのおしゃれなインテリアにしてくれる1つの素材ですが、そのタイルを床に貼った場合、幅木もタイルを用いるのが一般的です。石の時と同様に、床と同じ種類のタイルで仕上げるのもいいですが、こちらのように、同じ色調の壁と床の間に黒いラインをアクセントとしてデザインにうまく取り入れてもいいかもしれません。

アルミアングルを使う

House for Installation: Jun Murata   |   JAMが手掛けた廊下 & 玄関です。,ミニマル
Jun Murata   |   JAM

House for Installation

Jun Murata | JAM

同じ色や細い幅木よりも、もっとその部分を目立たないようにする方法はないのかと思っている方もいらっしゃるでしょう。もう1つの方法は、アルミアングルを使って壁と床の端部をおさめることです。アルミアングルとはL字のアルミ製の細長い材のことで、これを代わりに用いることで逆に壁から凹んだようになります。もちろん、施工が大変になるのでその分コストがアップすることになりますが、幅木の出っ張りがなくなり、壁が浮いているかのようにさえ見えるとてもすっきりとしたインテリアとなるので、これを取り入れる建築家も少なくありません。

【住まいの用語については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 建具とは?快適な住まいづくりに欠かせないこと

※ ニッチで便利でおしゃれな空間に!その素敵な実例をご紹介!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ


細部までこだわってインテリアをもっとおしゃれにしていきましょう!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅, モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!