夏を華やかに彩る!暑さに強い植物のいろいろ

Y Matsui Y Matsui
Nonton Film Candyman (2021) Sub Indo | FLOWERIST FUTURE, Flowerist Future Flowerist Future ミニマルな 庭
Loading admin actions …

高温多湿な日本の夏は、私たちはもちろん、庭の植物にとっても過酷な季節です。いつもならガーデニングに手をかけることができても、この時期は暑さに負けてお手入れもおろそかになってしまい、気がつけばお花もばててしまう… そんなことはありませんか?今回は猛暑でもメンテナンスしやすく健気に咲いてくれる、暑さに強い夏向きの植物をご紹介します。

1.一年草

まずは気軽に楽しめる一年草からご紹介します。一年草の特徴としては開花時期が長いことや、花が終わってからの植え替えなどの手間がなく、メンテナンスがしやすいなどといった点があげられます。季節に応じた寄せ植えを気軽に楽しめるのも、一年草のメリットといえるでしょう。


子どもの頃、アサガオを種から植えて、夏休みに観察日記を書いた記憶がある方も多いと思います。アサガオは見た目が涼しげで、次々とお花が咲くところも魅力的ですね。アサガオは日本で古くから親しまれている植物のひとつで、かつては薬用植物としても用いられていました。アサガオは耐暑性はありますが、葉がしおれやすいので、西日を避けた風通しのよいところで育てます。


ヒマワリもアサガオと並んで夏の花を代表する、親しみのある植物ではないでしょうか。ヒマワリが一輪咲くだけで、が華やかになりますよね。





夏の盛りに草丈がぐっと伸び、大きな花を咲かせるイメージのあるヒマワリですが、最近はプランターでも楽しめる、草丈が10cm程度のミニヒマワリも出回っています。


2.多年草

次に多年草で夏に楽しめる植物をご紹介します。多年草は地上部が枯れても地下部が越冬して翌年また花を咲かせます。


エキナセア、モナルダ、フロックスは夏の暑さにも負けずに咲く多年草の仲間です。ナチュラルガーデンにもよく似合う花姿が魅力的ですね。エキナセアは花の中央が丸く盛り上がるキク科の花で、比較的開花時期が長く、夏の花壇を豪華に彩ります。モナルダはシソ科の多年草で、丸く赤い花をつけます。フロックスは小さなお花が集まって咲く植物で、シバザクラもこの仲間に入ります。

ゼラニウムは常緑性の多年草で開花時期が長く、初心者でも育てやすいお花です。条件が整えば一年中いつでも花が咲く四季咲き性で、乾燥に強い性質があります。湿気には弱いので、風通しの良いところで管理するとよいでしょう。ゼラニウムの芳香はリラックスや虫よけにも効果的といわれています。

クレマチスは耐寒性の強い多年草ですが、品種によっては剪定すると次々に花を咲かせる四季咲きものもあります。耐暑性は非常に高いというわけではありませんが、水切れに注意すれば、夏の盛りでも花を咲かせます。クレマチスはイギリスではつる性植物の女王とよばれており、バラのパートナープランツにもよく用いられます。

3.多肉植物

多肉植物にも様々な種類がありますが、夏の庭で育てたい場合は、日光が大好きで水やりをあまり必要としないタイプをおすすめします。耐暑性・耐寒性ともに強いもの、耐暑性はあるが耐寒性は弱いものなどがあるので、地域や庭の条件に合ったものを選びましょう。

お手入れしやすい多肉植物は、外階段のすき間に植えることもできます。石との相性も良く、素敵なエクステリアになりますね。



4.家庭菜園

屋上菜園 FCD モダンな庭

ゴーヤのグリーンカーテンは、日差しを調節したり室内の温度上昇を抑えることでも知られていますよね。真夏にはたくさんの実をつけて、食卓に旬の味を届けてくれます。


家庭菜園での収穫も、夏のお楽しみのひとつです。トマトやキュウリ、ナスなど夏に旬を迎える野菜を家庭菜園で育てているご家庭も多いと思います。子どもたちと一緒に野菜を育てれば、食べることへの関心が深まり、食育にもつながるのではないでしょうか。


お庭のスペシャリストはこちらからお探しいただけます

インスピレーションは得られましたか?ご意見をぜひお寄せください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!