2つの階段が家族のつながりを生む!室内の移動も楽しめるモダンな住まい

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

2つの階段が家族のつながりを生む!室内の移動も楽しめるモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
向原の家: 向山建築設計事務所が手掛けた家です。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、室内に2つの階段を設けることによって、家族のより強いつながりが生まれたモダンな住まいです。2つの用途の異なる階段によってあえて室内動線を長くするという試みは結果的に色々なメリットを生み出し、家族が生活の中での毎日の移動を楽しむことのできる快適な住宅につながっています。この住まいを手掛けたのは、東京を拠点に活動する向山建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

緑が残る住宅地の住まい

住まいのロケーションは神奈川県川崎市。住宅地にもかかわらず、周辺には緑や畑があり自然を身近に感じられるという恵まれた環境にある木造2階建ての住宅です。クライアントさんからは「シンプルではなく、迷路のような家」という希望があったそうで、デザインや間取りにも工夫を凝らし、住む人にとっても快適で長く楽しんで暮らせる家を目指しました。敷地にはブルーベリー畑もあり、のどかで心地いい雰囲気となっているようです。建物の1階には、ビルトインガレージも設けられています。

こだわりのディテール

こちらは建物の2階部分のディテールです。住まいの屋根や側面の外壁に使われているのは、粘板岩を板状に薄く加工した天然スレートという建材。シンプルな外壁よりも質感があり美しいですね。天然スレートの存在感は、白い壁やサッシ、窓のガラスとのコントラストによりさらに引き立って、モノトーンのシックな外観に、深みとディテールのこだわりがプラスされています。

角度によって印象の変わる住まい

違う方向から見ることによって表情の変わる住まいの様子です。こちら側は開口部が多くなっており、外に開いている印象を受けますね。せっかく緑豊かな周辺環境なので、その風景を生活の中で楽しめるようになっているようです。それでもバルコニー等には格子の目隠しを設け、プライバシーはきちんと確保。この格子はデザインとしてもアクセントになっていてお洒落な雰囲気です。

スキップフロアでつながるLDK

こちらは住まいの中心となる2階のLDKの様子です。スキップフロアで構成されており、玄関を入って階段を上がるとまずリビング、そして半階上がってダイニングキッチンがあります。木のぬくもりが優しいシンプルナチュラルなインテリアでリラックスできる雰囲気の空間。ダイニングの大きな開口に面してウッドデッキのバルコニーも設けられており、天気がいい日は屋外リビングとして利用するのも気持ちよさそうです。

住まいに設けられた2つの階段

この住まいの最大の特徴は、じつは階段が2つ設けられていることです。玄関に設けられた階段は2階のこのリビングへ、もう一つの階段はこのリビングから降りて1階の各部屋に行くためのものとなっています。あえてそうしたのは、家の中の移動距離が長くなることで、限られたスペースをより広く感じさせるため。また、常に2階のリビングを経由することになるので、家族とのコミュニケーションもより多くなります。家族との時間をできるだけ共有することで、強いつながりと安心感が生まれるようになっています。

モダンな和室

こちらは和室の様子です。縁のない畳が敷かれ、収納スペースを設け、シンプルでモダンな作り。大きな開口を設け、引き戸を開けることで開放感のある外の景色も存分に楽しめるようにもなっています。上品でとても落ち着いた雰囲気があるので、客間としてこの部屋を利用する時は、ゲストの方もゆったりとくつろぐことが出来ることでしょう。

2つの階段がある家族の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!