ロフト付き住まいのメリットとデメリット

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ロフト付き住まいのメリットとデメリット

A.Imamura A.Imamura
石神井 Y HOUSE: 池田雪絵大野俊治 一級建築士事務所が手掛けた家です。
Loading admin actions …

根強い人気を持つロフト付きの物件。空間を有効活用でき、おしゃれに見え、秘密基地のようでワクワクする、そんな魅力たっぷりなスペースに憧れる人は多いのではないでしょうか?今回は、ロフト付き住まいのメリット・デメリットをご紹介していきます。

遊び心をくすぐる

ロフト付き住まいの魅力は、秘密基地を作るときのようなドキドキ感ではないでしょうか?とっておきのコレクションをひたすら飾るスペースにする、作業のためのアトリエにするなど、ロフト付きのスペースを活用して自分だけの趣味スペースを作ることができます。そんな遊び心を室内空間に取り入れたのは、こちらの建築事務所JMAが手がけ「HIROBA」。人々が集まる「広場」をリビングルームに例え、家の中心として家族が集まるスペースをデザインしています。まるで巣穴のようなこのスペースは、家族が完全に孤立することなく、ゆるやかに空間を共有することができます。

収納スペースが増える

Tokyo Cottage: Umbre Architectsが手掛けた家です。
Umbre Architects

Tokyo Cottage

Umbre Architects

すこし小さめのロフト付き住まいは、収納スペースとして使えるので部屋に無駄なものを置く必要がなく、空間を広く使うことができます。「たまにしか使用しないけど、ないと困る!」というような衣類や家電などの置き場にでき便利です。「奥にしまい込んでしまって見つからない・・・」なんてこともなくなり、収納上手に。

Photos:Akinobu Kawabe

エクストラの部屋を作れる

PLUS ULTRA studioが手掛けた書斎
PLUS ULTRA studio

Studio al livello superiore

PLUS ULTRA studio

ロフト付き住まいは、ワンルームでも空間を分けることができます。ベッドルームと生活空間を別けたり、またはこちらのように机や本棚を置いて書斎にするなど、ロフトを利用して「エクストラの部屋」として使用することもできます。

ロフト付き住まいは広く見える

こちらは、有限会社 宮本建築アトリエが手がけるシンプルナチュラルな平面形の平屋建住宅です。平屋でも空間が広く見えるのは、和風モダンな間取りとロフトの効果です。ロフトは天井と床の間のスペースを利用するため、通常よりも天井が高めに作られています。吹き抜けのような開放感があり、また階段ではなく梯子を利用することにより省スペースに。また、このようなロフト付きダイニングリビングは、急な来客時に「とりあえず不要なものを避難させる!」ということができ便利です。

デメリット: 夏場はサウナ状態に・・・

もし窓が付いていない場合、換気ができず温かい空気が上に溜まり、生活空間より数度温度が上がって夏場はサウナ状態になることもしばしば・・・。屋根近くの場合は更に暑くなることも。扇風機や冷風機などの暑さ対策は必須です。寝室を作る際はその点を注意しておきましょう!

騒音のデメリットを解決

ロフト付きマンションの場合、最上階の部屋でない時は、やはりロフトのすぐ上には上の階の人の生活空間があります。防音の状態にもよりますが、上の住人の足音や生活音が響いて気になることがあるようです。せっかくロフトスペースを寝室やくつろぎ場所にしても、「うるさくて眠れない!」なんてことになってしまわないように気をつけましょう。このような場合の解決策は、子供部屋のスペースとして活用したり、収納スペースとして活用して見ると良いでしょう。

メリット・デメリットを把握して、自分のライフスタイルに合わせたロフトを楽しみましょう。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!