高台敷地だから味わえる!海を臨む爽快な住空間

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

高台敷地だから味わえる!海を臨む爽快な住空間

Kanako.K Kanako.K
海の見える家: 鶴巻デザイン室が手掛けたテラス・ベランダです。
Loading admin actions …

高台にある敷地と聞くと、どうしても徒歩による昇り降りの大変さがつきものに感じてしまいますよね。しかし事は捉えようかもしれません。まだ若いお子様のいる家庭やご夫婦ならば日常的に運動不足解消へと繋がるかもしれません。今回ご紹介するのは高台敷地の利点を生かした風通しも眺めもいい心地のいい住宅です。鶴巻デザイン室が手掛けるこちらの住まいはその高台の眺めを存分に愉しめる自然を身近に感じられる住まいです。天草灘を望む海を見通す眺めはまるでリゾート地に訪れたような爽快感が味わえます。山と海に囲われた自然に包まれたような気持ちのいい住宅です。

真っ白で気持ちのいい外観

海の見える家: 鶴巻デザイン室が手掛けた家です。
鶴巻デザイン室

海の見える家

鶴巻デザイン室

敷地があるのは長崎県南島原市、天草灘を望む海の見える高台。青い空が気持ちよく広がる開いた土地に真っ白な外壁が本住宅の外観です。建物の南側に海、北側には山と自然に挟まれたような贅沢なロケーションです。少々高台ともあって建物までの高低差ある道のりかいあって、この豊かなロケーションは最高の気分を味わえるはずです。正面に見える大きなバルコニーからの眺めが気になりますね。

家族の集まる場所に

海の見える家: 鶴巻デザイン室が手掛けたダイニングです。
鶴巻デザイン室

海の見える家

鶴巻デザイン室

本住宅の家族が集まる場所、リビング・ダイニング・キッチンは眺望を家族で愉しめるようにと二階へ配置。たっぷり設けられた開口の先に見えるのは海と町と山の気持ちのいい眺めです。たっぷり差し込む日差しと共に家族の集う空間はまるでリゾート地のホテルの一室から眺める景色のような贅沢な眺望が広がります。ダイニングで食事をしていても、リビングで寛いでいても、常に視線の先にはこの雄大な景色を愉しむことができます。

最高の眺めを愉しむ住空間

海の見える家: 鶴巻デザイン室が手掛けたテラス・ベランダです。
鶴巻デザイン室

海の見える家

鶴巻デザイン室

リビングスペースから景色を望むと少し視点の違った眺望を愉しむことができます。コの字型のような広いバルコニーはウッドテラスを敷き詰めればまるでリビングの一部のように一体的に空間を使う事が可能です。天気の良い日には開口を開け放って半屋外のような住空間で過ごすことができます。眺めのいいテラス、日差し対策にと取り付けられた屋根ルーバーが程よく日差しをカット。居心地のいい広くて明るいバルコニー、家族でバーベキューもできそうな空間です。

コミュニケーション豊かなキッチンに

海の見える家: 鶴巻デザイン室が手掛けたキッチンです。
鶴巻デザイン室

海の見える家

鶴巻デザイン室

キッチンは家族の顔が見えるオープンな対面式キッチンです。ナチュラルなホワイトカラーでまとめられたインテリアは上品で清潔感を感じることができます。調理をしていても会話の届く距離感はお子様が家事を手伝ったり、調理の工程が目につきやすくいので自然とコミュニケーションが生まれそうな空間です。ダイニングテーブルとも統一感のあるキッチン、ダイニングテーブルの延長のように違和感なく大皿料理などを置いて食事を楽しむこともできます。

長居できる家族の空間

海の見える家: 鶴巻デザイン室が手掛けたダイニングです。
鶴巻デザイン室

海の見える家

鶴巻デザイン室

ダイニングテーブルは家族みんながゆったりと座れる6人掛けに、大きめのダイニングチェア。比較的低めに設定されたテーブルは長居できる空間です。食事を楽しむだけの場所ではなく、家族の団欒やちょっとした仕事、家事、宿題やお茶など様々な活用ができそうなダイニング。間接照明の柔らかな灯りが雰囲気のいい空間を演出しているようです。眺めの良さと居心地のいい住空間は最高の住まいではないでしょうか。

高台から望む海の見える景色は気持ちがいいですね!是非コメントを下さいね!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!