寝室に適した観葉植物を選ぶ5つのポイント

Y Matsui Y Matsui
Fake Plants, (有)ハートランド (有)ハートランド 小さな寝室
Loading admin actions …

寝室は一日の疲れを癒し、明日への活力を取り戻す場所です。私たちの暮らしに潤いと癒しを与えてくれる観葉植物を、寝室にも上手に取り込みましょう。今回は、寝室の室内環境に適した観葉植物をご紹介しながら、観葉植物を置くことで期待できる5つの効果について考えたいと思います。





1. 乾燥に強い

室内に観葉植物を置くときは水やりの心配が少ない、乾燥に強いタイプがおすすめです。特に、寝室は日中目が行き届かないので、エアコンの消し忘れや水やりに気づかなかったりなど、乾燥した状態が続きがちという点に注意しましょう。



乾燥に強い観葉植物にはゴムノキやアンスリウムなどがあります。



エアプランツは乾燥に強いだけでなく用土も必要ないので、土を室内に入れたくない、虫が気になるといった方におすすめです。



2. 加湿効果がある

寝室の乾燥が気になるときは、加湿効果のある植物を置くとよいでしょう。ポトスは葉の蒸散作用が高く、自然の加湿器としての効果が期待できます。



3. 耐陰性がある

寝室が薄暗いようであれば、日陰や半日陰でも育つ植物を選びましょう。強い日差しが苦手なアジアンタムや、半日陰を好み室内の照明だけで育つモンステラは、寝室向きの植物といえます。アジアンタムは乾燥が苦手なので、水やりには注意ましょう。



4. 癒し効果が期待できる

観葉植物のなかにはマイナスイオンを放出するものがあります。家電製品から出されているプラスイオンは日々のストレスや疲れを感じる一因にもなっています。観葉植物から出るマイナスイオンはこのプラスイオンを中和する性質があるといわれており、リラックスや癒しの効果が期待できるとされています。





サンスベリアには、特にマイナスイオン効果が高いことが知られています。

ガジュマルやモンステラなど、丸みのある葉も風水的にはリラックス効果が高いとされています。



5. 空気をきれいにする

空気をきれいにする効果が高いと期待される観葉植物をエコプランツといいます。エコプランツにはポスやドラセナ、サンスベリアなどがあります。寝室にこういった観葉植物を置くと、寝ている間に気分もリフレッシュできそうですね。



どんなに乾燥や日陰に強い観葉植物であっても、たまには日に当てたり水やりをしなければなりません。乾燥した状態だけでなく、寝室に植物を持ち込むことで、逆に湿度が気になることもあります。そんなときはフェイクグリーンを置くのも一考です。最近は、光触媒作用により高い抗菌性や消臭力が期待できるものもあります。



フロアごとに異なる顔を持つ遊び心満載の住まい, QUALIA QUALIA オリジナルスタイルの 寝室

寝室でペットが一緒に寝る場合なども、フェイクグリーンなら間違って食べる心配が少なく安心ですね。



ベッドルームの写真はこちらからもご覧いただけます

インスピレーションは得られましたか?ご意見をお聞かせください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!