見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

存在感のあるリビングのガラステーブル

Shoko Shoko
Loading admin actions …

リビングに置くテーブルは、空間の主役のようなもの。人が集まり会話を楽しむ場所には、家具にも気を使いたいですよね。いくつもの種類がある中で、今回はガラスのテーブルについて紹介をしていきます。どんな空間にも一番馴染みやすく、そしてデザインによって存在感は大。あなたのリビングにも取り入れたいテーブルはあるでしょうか。早速見ていきましょう。

新しいデザインを

Möbeltischlerei Fabry GmbH & Co. KGが手掛けたダイニングルーム
Möbeltischlerei Fabry GmbH & Co. KG

Esstisch Massivholz mit natürlicher Baumkante

Möbeltischlerei Fabry GmbH & Co. KG

思わず目を疑ってしまうこちらのテーブルはドイツから。木材の板の間にはリンゴが埋まってあります。インテリアはアイデア次第で色んなスタイルをつくることが可能。今までになければ新しい物をつくってもいいのです。人が集まるリビングには、とっておきの物を置いたり、ユニークすぎるくらいに飾り、楽しい空間をつくるのもいいですね。

デザインを合わせる

Tom Faulknerが手掛けたリビングルーム
Tom Faulkner

Memphis Coffee

Tom Faulkner

こちらのリビングのガラステーブルはイギリスから。波のようなユニークなデザインで絨毯の模様とマッチし、一体感があります。シンプルなインテリアでモノトーンなものが多くても、こうしてユニークなデザインを用いれば、空間に楽しさも与えてくれます。異なる家具で、さりげなく統一されているとオシャレな雰囲気にもなりますね。

リビングにユニークを

Christina JEKEYが手掛けたダイニングルーム
Christina JEKEY

Table Masculin/Féminin

Christina JEKEY

こちらはオシャレな切り株がガラステーブルを支えています。ベルギーの職人によって手がけられた斬新なデザイン。大きめのガラスですが、どっしりとした二つの支えがあるので安心です。リビングにユニークを与えるインテリアですね。

リビングを広々と

40年の実績を持つ、東京を中心に活動する加藤將己/株・将建築設計事務所が手がけたのは、デッキに置かれたガラステーブル。チェアはホワイトで統一し清潔感あふれる空間に。ガラスのドアを開ければ広々としたリビングになり、外の空気を吸いながらの料理も楽しめそう。

斬新なデザインをリビングに

四つの輪がガラステーブルを支える、こちらのデザインを手がけたのはドイツの職人。本当にしっかりとしているのか、誰もが触れてみたくなりそうですね。こちらは他にテーブルが長方形であったり、木材の板を使ったデザインもあります。リビングの雰囲気に合わせて取り入れてみてはいかがですか。

リビングの主役

homifyが手掛けたリビング
homify

salón

homify

スペインのインテリアデザイナーによって手がけられたこちらのリビング。淡いブラウンでまとめてあり、ガラステーブルもこの空間に溶け込んでいます。リビングの中心に置かれるテーブルは、空間の主役のようなもの。周りとちょっと違った素材で空間を統一するのも重要な役目になってきます。こちらはガラスのテーブルでクリアにするも、しっかりと存在感のあるものとなっています。

和を表したテーブル

こちらを手がけたのは、”和”の感性を磨きながら提案をする、東京を中心に活動をする矩須雅建築研究所。絶妙な曲線と二本の控えめな支え、またキャンドル風のライトはまさに日本の上品さを表しているようです。リビングに置いて、ゆっくりくつろげそうですね。どこから見ても美しく、ガラスの影でまた違う姿が見えたりと、工夫されたデザインのガラステーブルです。

存在感のあるガラステーブル

イタリアの職人によって手がけられたのはこちらのガラステーブル。いくつもの曲線の木材が重なり合い、一つでも欠けると崩れてしまいそうな、そんなデザインになっています。上から中をのぞいてみたくなりますね。堂々と構えた印象のこちらのテーブルは、リビングの真ん中に置くと空間の主役のような存在になることでしょう。

和を写すテーブル

優しいオレンジのライトと外の紅葉が奇麗な京都の住まい。こちらは株式会社ローバー都市建築事務所によって手がけられたもの。真ん中にガラステーブルを置き、光を反射させ空間を広々と見せます。黒い淵で囲われた正方形のテーブルで、存在感がありますね。もしかしたら派手な色のテーブルよりも、存在感のあるインテリアかもしれません。

空間に動きを与える

David Tragenが手掛けたリビングルーム
David Tragen

Beating Wings Coffee Table

David Tragen

イギリス人デザイナーによって手がけられたのは、木材とガラスででつくられた斬新なデザイン。ガラステーブルなため、波打つようなデザインが目立ち空間をオシャレに演出します。ガラスの下の空間には雑誌を置いたり小物も置いたりできそう。このままでも、少しアレンジしてみても、空間にフィットできそうなテーブです。

気に入ったガラステーブルはありましたか?コメントをお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!