家族を見守る 大黒柱のある家: ビオハウジング タケモリ1級建築設計事務所が手掛けた家です。

天然素材にこだわった大黒柱のある家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは合板、集成材、合成接着剤を使用せず天然木や漆喰壁など天然素材にこだわった木の家。ビオハウジング タケモリ1級建築設計事務所によって手掛けられました。素材の魅力を最大限に活かした家づくりにこだわる建築家による、子どもがのびのびと育ち、家族みんなが安心して暮らすことができる住まいです。では早速見て行くことにしましょう。

​モダンかつあたたかみのある外観

前面道路からは少し離れた位置に建物が計画され、その手前には駐車スペース、庭、アプローチが広がっています。塀は低く抑えられ、街に開かれたオープンな雰囲気が良いですね。シンメトリー、水平ラインを活かしたモダンなデザインながら、木の質感の感じられるあたたかみのある佇まいです。外壁には遮熱効果のある「セレクトリフレックス」という建築塗り壁材が使用されており、室内温度が過度に上がるのを防ぎます。夏でも涼しい室内環境を保ち、冷房に頼らないエコな生活を送ることができます。

和の要素を効果的に取り入れる

全体的に明るい色を基調とした外観に植栽の緑と木の色合いがよく映えています。格子や軒などの和の要素を取り入れることでどこかホッとできる落ち着いた印象を与える住まいです。

​家族を見守る大黒柱

この家を一番特徴づけているのが屋根裏まで貫かれた直径50cmほどもある大黒柱。クライアントご主人の「一生家族を守っていく決意」が込められているというこの大黒柱には樹齢500年以上のカナダ産レッドシダ―が採用されています。1階の天井は杉で統一され、木のぬくもりと良い香りに包まれる空間で家族が安心して暮らすことができます。また年月を経て豊かに表情を変える素材の変化を楽しむことができるのも木の家の魅力の一つです。

明るく開放的なリビング

大きな開口と吹き抜けのあるリビングは、家族が集まり多くの時間を過ごすのにふさわしい、開放的で明るい空間です。天然木と漆喰を使用した内装には合板、集成材、合成接着剤などが使用されておらず、小さな子どもの居る家族でも安心して暮らせる住まいとなっています。

一点もののダイニングテーブル

ダイニングおよびキッチンを望みます。ダイニングテーブルは桜の木の一枚板を使ったオーダーメイドの物。木目と色調の変化が美しい世界にたった一つのテーブルです。家族が仲良く食卓を囲む大事な場所だからこそこういったこだわりの家具を用意したいですね。

こだわりのキッチン

業務用のラジエントヒーターや食洗器を取り付けたオリジナルで本格的なステンレスキッチン。たっぷり収納もあり、大量のものもすっきり納めることができます。シンプルでモダンなデザインも魅力的です。このキッチンを中心として洗面室、浴室等の水廻りをまとめて家事動線がスムーズになるよう計画されています。また洗濯機のある洗面室からは直接庭に出ることもでき、洗濯物の出し入れも容易です。

天然素材にこだわった大黒柱のある家について何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!