カーサキューブに続け?!箱型住宅の魅力的なファサード
四万十の家: 株式会社細川建築デザインが手掛けた家です。

カーサキューブに続け?!箱型住宅の魅力的なファサード

カーサキューブに続け?!箱型住宅の魅力的なファサード

Aya F. Aya F.
Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

最近話題のカーサキューブは、福岡のマキハウスが提案する商品住宅。そのシンプルで個性的なデザインが人気といいますが、箱型の住宅は積み木を重ねたようなシンプルな構造ながら、アレンジによってとても目を引く素敵なファサードを作り上げることができます。今回は箱型住宅の魅力的なファサードと題し、箱型の家の個性的な魅せ方を集めてみました。

箱を積み重ねて印象的な窓を作る

カーサキューブでも見られる、外壁にスリット状の窓のみを開ける箱型住宅のデザイン。窓の開け方によってファサードの印象はさまざまに変化します。こちらのお宅は大阪の建築家・Atelier Mの手がけた加美の家。コンクリートの頑丈なキューブが組み合わさった構造になっています。道路側から見えるのは二階部分を構成するキューブの断面すべてをぱっくり開けた窓以外は、閉じられた空間になっており、オープン・クローズと不思議なバランスが取れたファサードになっています。

黒と白のキューブを組み合わせる

箱型はシンプルですが、ちょっとした個性を加えたくなることも。こちらのお宅は黒いキューブ状のボックスハウス。玄関部と二階の一部に白いキューブを付け足すことで、個性的になると同時に箱感を強調するデザインのファサードになっています。一階部分の窓に比べ、二階の白い立方体をはめ込んだかのような北ヨーロッパによく見られるような室内庭園を思わせる構造ですね。

平屋風の箱型をずらしてアレンジ

箱型、というと立方体を思い浮かべるかもしれませんが、こちらはモダニズム建築によく見られるような箱型平屋構造を、半分ずらして上に重ねたような印象的な造りのお宅です。軽井沢に建つこちらの家は、別荘、ではなく定住型の住まい。都心とのアクセスがしやすくなったため、都会とリゾートの二重生活をされる方が増えているそうですが、こちらも都会の喧騒から離れてゆったり広々と暮らすことのできる贅沢な住宅です。

二階部の方が大きな箱型構造

カーサキューブに負けずとも劣らない、窓のないこちらの箱型住宅。事務所と住宅を兼ねた建物なのだとか。仕事と住居を分けるべく、中央に駐車場が備え付けられています。箱状構造は、二階の方が大きくなっていますが、異なる形状の箱型を組みわさせているため、アンバランスさは感じられません。二階が主な住居スペースということで、広々とした内装が想像できるようですね。

夜に魅せる箱型住宅

家のコンセプトとして「彫刻のような家」ということがベースにあったというこちらのお宅では、カーサキューブやほかの箱型住宅と同様に外側に向けた窓がほとんど見当たりません。光と遊ぶ家、という名のとおり夜になると、住居スペースの明かりがファサードに施されたスリットからほのかにその構造を照らし出し、まさに抽象的な彫刻のような印象を与えます。このファサードの構造のおかげでプライバシーの確保もばっちり!です。

コンクリートと木造のフュージョン

箱型住宅でよく見られるコンクリートの構造。こちらは箱型ではありますが、ちょっと変形の箱型住宅で、二階部分は木造のすのこ状の壁で覆われています。まさに、コンクリートと木造のフュージョン!コンクリートの冷たさと木の暖かさが優しく融合していて、クールだけれどあたたかなオリジナルな家、という印象です。コンクリートという構造上、しっかりした造りとなっているため、地震が起きてもとても安心して暮らせそうですね。

Photo: 金子建築写真室

お気にいりのファサード、見つかりましたか?ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!