大野中の家1: 辻・近川建築設計事務所が手掛けた家です。

木の表情が生きるファサード5選

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

数多くの外壁材がありますが、木は温もりを持ち豊かな表情を見せる素材です。木が効果的に使われているファサードを5軒見てみましょう!

絶景を臨む場所に建つ家

高知県の太平洋を臨む高台に建つ家。このロケーションに一目惚れをした住まい手が望んだのは、退職後にゆったりと愛犬とともに趣味の時間を過ごせる家ということでした。遠くには雄大な太平洋を見渡せ、周辺には高木が茂る環境の中で、この家から見られる景色の切り取り方が見事な家をキリコ設計事務所が住まい手とともに完成させました。漆黒の木を採用した佇まいは落ち着いた風格を醸し出し、角度をつけた格子からは夕焼けや温かな照明の光が溢れます。この地に似合う自然の美しさを引き出した終わりの棲家です。

狭小地のスタジオ付き住宅

大阪の住宅街の一角に建つひときわモダンな雰囲気の家は、緒方幸樹建築設計事務所によるものです。間口が限られた敷地のため、まるで町屋のように奥行きのある計画となりました。3方を建物に囲まれているため、唯一見える道路面からの間口にあたるファサードはこの家の顔となる部分です。木の持つ自然な色味とばらつきによってぐんと豊かな表情を引き出し、個性的で目を惹く仕上がりになりました。絶妙なバランスで切り替えられた板壁は、よく見ると開口部や必要設備がスマートに配置され、美しく仕上がるように計算されているのがわかります。プライベートの確保のため、唯一開かれた正面に窓は配置されないながらも、トップライトや中庭を設けることで光を内部に届ける工夫がされています。

家族のための安らげる空間を持つ家

住宅地に建つ一級建築士事務所HAUSが手がけたこの家は、家族のことを何よりも思い建てられた家。「haus−vila」と名付けられ、外部からのプライベートに配慮しながらのびのびと暮らすことができる家です。長方形のモダンなファサードはホワイトと木目のダイナミックな表情が生きる素材に分けられ、空間に奥行きを感じさせる仕上がりです。一見平屋に見えますが、中に入るとプライベートデッキを囲み、その奥側に2階部分があります。道路面に圧迫感を与えずゆったりとした印象を与えます。日常空間と、くつろぎの非日常空間を巧みに使い分けた居心地の良い家です。

竹林の風情を楽しむ家

アジアの素材である竹は、木と同じように日本では親しみのある素材です。竹の特徴はしなりや丈夫さ。日常生活でもよく使用されているように、風情ある姿を見せてくれます。外観正面に植えられた2種類の珍しい竹とコラボレーションするかのような家の佇まいは、格子から漏れる光の陰影がとても美しく夜景を彩ります。アーキシップス古前建築設計事務所の自宅兼アトリエでもあるこの家は、光と風がすべての居室に届くようにと計算された住まいです。強さ、そしてやすらぎの象徴でもある竹を眺めながら、心地よいひとときが過ごせることでしょう。

日本建築の美しさが生きる家

和の佇まいを思わせるこの家は、辻・近川建築設計事務所により手がけられました。水平、垂直のラインがどこから見ても美しく、大工の腕が生きる格子や板貼りの仕上げが見事なファサードです。同じ木の素材を使いながらも、何種類もの仕上げが組み合わせられ、装飾的な美しさは日本の技術をあらためて見直すきっかけともなるでしょう。伝統的に生きる技術は、格子の種類や形によって使う木の部位や方向、そして仕上げの細かな意匠までたくさんの知識と確かな技術を必要とします。木は生き物である素材だからこそ、その特徴を知り生かす技術が必要ですが、近年の新建材の普及によって生かす場も、生かせる職人も減りつつあります。伝統技術をこうして継承する家は真の日本の美しさが詰まっていると言えるでしょう。

木を使った美しいファサードに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!