光と風が通る家: 田村淳建築設計事務所が手掛けたリビングです。

光をもたらす魅力的なトップライトのある家5選!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

側面の窓よりも3倍以上の採光効果が得られるトップライト。心地よい光が差し込む天窓のある家5選です!

自然の力で心地よさを迎える家

家の中心となるリビングに、トップライトを設けた家です。周囲は建物ばかりの住宅地にありながら、トップライトやそれぞれの方向に設けた開講で自然の力や風によって心地よさを感じ取ることができる家になりました。田村淳建築設計事務所はこの家で快適に過ごせるようにと、蓄熱暖房設備やこのトップライトを利用した方法で光と風が通る家を提案しました。使い込むほどに味わいを増す自然素材を内装に用いるなど、実際に肌で自然の心地よさを感じられる工夫が随所につまっている家です。

3階の吹き抜けから光が降り注ぐ家

住宅密集地にあるこの家は、3方向を建物に囲まれ側面からの採光は望めない状態にありました。ただ単にトップライトを設けるだけでは解決できない採光の問題を、ディンプル建築設計事務所は3階まで貫く光庭を設けることで解決。それぞれの部屋が独立しながら、光や風を直接取り入れることが可能になりました。吹き抜けは上下に開口を設けられ、重力換気ができる仕組みが取られています。全体は無垢材のやわらかな風合いが生かされ、土地のマイナス面を逆手に取り、明るく居心地の良い家が出来上がりました。

スキップフロアで光を届ける家

クレバスハウス ダイニングルームから書斎: 株式会社seki.designが手掛けたリビングです。
株式会社seki.design

クレバスハウス ダイニングルームから書斎

株式会社seki.design

株式会社SEKI.DESIGNが手がけたこの家は、中心がクレバスのような割れ目をイメージした空間が設けられています。このクレバスは階段のホールとなっており、家全体のフロアはこのクレバスに沿って回遊できるようなスキップフロアになっています。トップライトと壁面の3方向に開口が設けられ、この階段ホールは階下まで光を届けることができる仕組みが生まれました。スキップフロアによって、どの場所から家を眺めても違う表情を持ちながら、緩やかにつながる居心地の良さを作り出します。

コンクリートの表情がクールに生きる家

代官山の住宅 / 井上洋介建築研究所: 井上洋介建築研究所が手掛けたプールです。
井上洋介建築研究所

代官山の住宅 / 井上洋介建築研究所

井上洋介建築研究所

打ちっ放しコンクリートの陰影が印象的なこの家は、井上洋介建築研究所が手がけた代官山にある家です。モダンでスタイリッシュなこの家は、静かな佇まいながらも独特の雰囲気を持っています。全体はコンクリートがベースで、鉄などのクールな表情の金属、落ち着いた木の色で統一され、アート作品のような佇まいに思わず見入ってしまうことでしょう。東京都の住宅密集地ということもあり、トップライトは効果的にこの家に光をもたらします。コンクリートは美しい陰影を作り出し、よりこの家の持つ魅力を引き出すこととなりました。

やわらかに光をもたらす家族の家

限られた敷地内に、アイデアと工夫によって居住スペースや庭の確保をし、家族のための居心地の良い空間が生み出された家です。小野里信建築アトリエの手がけた、宙に浮いた白い箱が印象的な外観は見る人を引き付けることでしょう。プライバシーは確保されながら、吹き抜けと大きな窓のある内部からは広々とした開放感を得ることができます。スキップフロアがゆるやかにそれぞれの空間をつなぎ、どこにいても心地よさを感じるでしょう。最上階の吹き抜けに面したこのスペースは、家族共用で使える多目的なワークスペース。間接的に設けられたトップライトからはやわらかな光がふりそそぎ、静かな作業時間や思い思いの時間を紡ぎ出してくれるようです。

トップライトのある家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!