我が家に合うのはテラス?バルコニー?暮らしを豊かにする12の屋外空間

Y Matsui Y Matsui
025軽井沢Sさんの家, atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE 北欧デザインの テラス 木 ブラウン
Loading admin actions …

一般的に、テラスは住宅の一階部分にある、地面より一段高い庭に突き出たスペース、バルコニーは住宅の二階以上にある屋根のない室外スペースとされています。気軽にアウトドアライフを楽しめるテラスとバルコニー。これらのスペースを有効活用すれば、おうち時間がもっと楽しく、豊かになります。今回ご紹介するテラスとバルコニーから、我が家に合う室外スペースづくりのヒントを探してみませんか。

テラスとバルコニーに関する記事はこちらにもあります

住宅街のテラス

隣地との間にルーバー状の界壁があると、風通しを確保しつつ、外の目を気にせずに外気浴を楽しむことができます。テラスの素材には、お手入れしやすいタイル、木のぬくもりが嬉しいウッドデッキ、加工しやすい人工木材などがあります。


バリアフリーのテラス

植物と生活する家 根岸達己建築室 和風デザインの テラス 石 ブラウン 植物 石積み 和モダン デッキ 大開口 緑
根岸達己建築室

植物と生活する家

根岸達己建築室

居室とテラスの床に段差がなく、内と外が一体化した、開放感のあるテラスになります。窓ガラスも天井まで届くようなサッシにすれば、より一体感が出ます。内と外がフラットになった床はテラスへの行き来がしやすく、テラスに出る機会が自然と多くなりそうです。



中庭のテラス

中庭にあるテラスは、プライバシーを保ちたいアウトドアリビングに最適です。家族だけでリラックスして過ごすことができます。



庭を楽しむテラス

ガーデニング好きの方なら、丹精込めて仕上げた庭を眺められるのもテラスの良いところです。



テラスでアクティブに過ごす

大きな屋根のBBQハウス, すわ製作所 すわ製作所 オリジナルデザインの テラス
すわ製作所

大きな屋根のBBQハウス

すわ製作所

屋根のある独立したテラスでは、バーベキューなど本格的なアウトドア料理も楽しめそうです。お家に居ながらにしてキャンプ気分が味わえます。



濡れ縁を見直す

濡れ縁は日本家屋のテラスのようなもの。濡れ縁に立つと、お庭に出る前に裸足のまま外の様子をうかがうことができます。濡れ縁は細長いお庭にもマッチし、内と外をゆるやかにつなげます。



ルーフバルコニー

広々としたルーフバルコニーにガーデンファニチャーを置くと、素敵なアウトドアリビングが出来上がります。夏の日差し対策にタープやオーニングを設置すると、さらに使い勝手がよくなります。



ボタニカルガーデン風のバルコニー

屋上菜園のある家, ARC DESIGN ARC DESIGN モダンデザインの テラス
ARC DESIGN

屋上菜園のある家

ARC DESIGN

屋根のないバルコニーでは、緑いっぱいのボタニカルガーデンをつくることができます。日当たりを好む植物がぐんぐん育ちそうです。



南欧風の明るいバルコニー

ミモザの木から発想した家 ユミラ建築設計室 モダンデザインの テラス 財産,建物,オレンジ,快適,インテリア・デザイン,シェード,木,観葉植物,床,フローリング
ユミラ建築設計室

ミモザの木から発想した家

ユミラ建築設計室

バルコニーに明るいペイントを施した、そこにいるだけで元気が出そうなバルコニーも素敵です。ストライプのオーニングシェードやラタンの家具が、南欧テイストをさらに盛り上げます。



景色を楽しむバルコニー

丘陵地にお家があれば、開放的な眺望を楽しめるバルコニーはいかがでしょうか。地域を一望する眺めは、心身ともにリフレッシュしてくれそうです。



ちょっとしたスペースにもバルコニーを

[1F:RC造+2.3F:木造の混構造] 極小3階建て住宅, (株)独楽蔵 KOMAGURA (株)独楽蔵 KOMAGURA オリジナルデザインの テラス 植物,家具,建物,テーブル,椅子,植木鉢,窓,シェード,点灯,屋外用家具
(株)独楽蔵 KOMAGURA

[1F:RC造+2.3F:木造の混構造] 極小3階建て住宅

(株)独楽蔵 KOMAGURA

小さなスペースでもアウトドアライフは楽しめます。2m四方程度のスペースがあれば、バルコニーにテーブルといすを置くことができます。



照明にもひとくふう

屋外空間を素敵にコーディネートしたら、昼だけでなく夜も楽しみたいと思いませんか?植栽がライトアップされることで昼間とは違う、奥行きのある屋外空間を楽しむことができます。屋外にくつろげる空間をつくりたい場合は、明るすぎない照明を選ぶようにします。



室外スペースのプランニングの参考になりましたか?ご意見をお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!