ビフォー・アフター!こんなに変わる?!ガレージ&ファサードの大変身5選

A.Imamura A.Imamura
警固リノベ, 株式会社フーセット Huset co.,ltd 株式会社フーセット Huset co.,ltd モダンな 家
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、ガレージ&ファサードのリフォームにより美しく生まれ変わった5つの住まいです。ファサードとは、ガレージや門まわり、玄関までのアプローチなどをさします。どうしても築年数による外壁のいたみやくたびれが目につきやすい箇所であることと、ライフスタイルや家族構成の変化によっても機能性や使い易さに問題が出てくるところでもあります。今回は、このガレージ&ファサードのリフォームで驚くべき大変身を遂げた素敵な住まいをご紹介していきます。

ビフォー:以前は暗いイメージのガレージ&ファサード

cafeのある小さなおうち, FAD建築事務所 FAD建築事務所
FAD建築事務所

cafeのある小さなおうち

FAD建築事務所

こちらはリフォーム以前のビフォーの姿。元々事務所として使われていた建物ファサードは、地味な佇まいであるだけでなく、大きなガレージスペースが影となり、暗い雰囲気が否めませんでした。折角の広いガレージスペースも、このように暗い印象では防犯面にも心配があります。

「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

 家の写真ページ

アフター:地域のコミュニティカフェとして生まれ変わる

cafeのある小さなおうち, FAD建築事務所 FAD建築事務所 モダンな 家 クラウド,空,建物,植物,ドア,シェード,窓,余暇,家,屋根
FAD建築事務所

cafeのある小さなおうち

FAD建築事務所

こちらはリフォームによって大変身を遂げたアフター写真。以前の暗い倉庫の面影は一切なく、大きな開口部とナチュラルな木と柔らかい色の外壁が親しみやすい印象を与えています。活かしきれていなかったガレージスペースは、ファサードの優しさと緩やかに繋がる緑の芝生が敷かれ、地域の人が立ち寄れるコミュニティカフェとして活躍しています。

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録しているインテリアデザイナー 

ビフォー:経年変化を感じずにはいられないファームのガレージ&ファサード

こちらは古き良きヨーロッパのファーム。煉瓦造りや赤い屋根は、欧州の農場のトレードマークですが、経年変化による外壁のいたみや黒ずみから、どうしても暗い印象が否めません。広々としたガレージスペースは居住空間とつながりがなく、折角の屋外スペースの活用がガレージとして以外は使いずらいファサードデザインです。

【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 シンプルな家が美しい。愛されるミニマル外観30選

アフター:モダンで明るいガレージ&ファサードに

先程のファームのリノベーション後。黒ずんでいたレンガの外壁や屋根は、落ち着いた中にも明るさのある色にかわりました。屋外空間は、リビングの大きな開口部とつながりのあるテラス仕様に変えられ、天気の良い日には家族が集う第二のリビングとして活躍します。

ビフォー:住宅地によくある画一的なファサード&ガレージ

こちらは日本の住宅地によく見られるファサードと玄関。90年代によくみられた西洋風のファサードとカーポートのデザインです。綺麗に手入れされていますが、デザイン面ではどうしても画一的な印象が否めません。ガレージと門がまえ両方に装飾要素が多い、またリビングの開口部が駐車場に面しているのも残念な点です。

アフター:減築でヨーロッパ風の美しいファサードに

先程の画一的なファサードは、リフォームにより大きな大変身を遂げました。装飾のないスッキリとしたモダンなファサード、車が2台駐車できるよう減築した西側は、庭との連続性を求める必要がないため、窓は掃出しから腰窓に変更されています。無駄を省いたシンプルな外観の中にも、ヨーロッパの美しい家々の要素が取り入れられエレガントな佇まいです。

ビフォー:荒れ果て庭と家

空き家となりいたみが見える家は、手入れされていない庭と相まって荒廃した雰囲気が漂います。広い庭は手入れを怠るとすぐに荒れてしまいファサードの雰囲気を損ないます。荒廃した雰囲気は、治安面に大きな不安をあたえます。

アフター:テラスの美しいモダンファサードに大変身

リフォームにより荒廃していた住まいは大変身を遂げました。荒れ果てていた庭は、手入れのしやすい広々としたウッドテラスが敷かれ、開閉できる蛇腹式の壁が設置され、使用にあわせてプライベート感を保てる工夫が施されています。リビングの床面と段差無く繋がるウッデデッキによって屋外でより過ごしやすいエリアが生まれました。

ビフォー:経年変化と活かしきれていない庭

こちらの木造平屋建て和風建築は、牡蠣料理を提供するレストランです。屋根瓦、外壁、縁側造りに経年変化が見られ、暗い雰囲気を一掃する必要が店舗として感じられる佇まいでした。広々とした庭は、季節によって芝が枯れ、淋しい印象にも。さて、この店舗はどのように生まれ変わったのでしょうか?

アフター:木造建築の美しさと最高のロケーションを活かしたリノベーション

さぁ、こちらがリフォーム後です!瀬戸内海が望め、前方の丘には、五重塔、千畳閣がある最高のロケーションを活かすため、景観側にL字型開口部を設け、さらに大きなテラススペースを設けることにより室内と風景を結ぶ魅力的な店舗に生まれ変わりました。美味しい牡蠣料理と屋外の空気、そして絶景を堪能できるレストランは、より多くの付加価値をお客さんに与えてくれます。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!