1+n: 加藤一成建築設計事務所が手掛けたリビングです。

多目的に使えるアトリエのある住まい

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

住まいに一つフレキシブルに使用できる多目的空間があったら便利ですよね。オフィス、アトリエ、ゲストルームやパーティールームなどその用途は無限大ですし、家族構成の変わり得る将来の生活に備えることもできます。今回ご紹介するのはそんな多目的室(アトリエ)のある住まい。加藤一成建築設計事務所によって手掛けられたこちらの住まいには、白で統一されたさわやかで清潔感のあるモダンな空間が広がっています。では早速見て行くことにしましょう。

モダンな外観

敷地は秋田市郊外、住宅地ながら南側には水田の広がるなど自然豊かな環境にあります。敷地は道路より2mほど高い位置にあり、見晴らしも良好です。写真は南側ファサードの様子。真っ白でミニマリスティックなデザインがひと際目を引くモダンな外観ですね。開口部はあえて抑えられ、内側にもうけられた中庭から各部屋に光を取り入れる空間構成がなされています。

​フレキシブルな空間

こちらの住まいは2階建ての住宅部分と、平屋のアトリエ部分から成り、その間に中庭が設けられています。写真はアトリエの内観です。アトリエと名付けられてはいますが、ギャラリー、オフィス等その使用用途は特に規定されず、フレキシブルな空間となっています。水廻りがあるのも嬉しいですよね。内部仕上げは住まい全体で統一されたもの。床はプラスティックタイル、壁はEP塗装で仕上げられ、モダンで清潔感のある明るい空間となっています。

​明るいリビング

こちらは中庭を挟んで向かい側にあるリビングスペースの様子です。中庭に向かって開かれた大きな開口が空間により広がりをもたらしています。白で統一された内装ですが、タイルの目地や繊細なデザインの階段などちょっとしたリズムを感じられる空間です。

白で統一された室内

キッチン方向を望んだ様子です。家具やキッチンも白で統一され、シンプルなデザインのものが採用されています。ベーシックなスタイルの壁付キッチンならばコンパクトでインテリアの邪魔をしません。

​アウターリビングとしての中庭

中庭にはデッキが敷かれ、LDKの延長線上にある屋外空間、アウターリビングとして使用することができます。アトリエ、中庭、LDKが連続しているため、その使い方も無限大です。ニュートラルな白い外壁にガラスブロックやウッドデッキの質感がよく映えていますね。

ガラスブロック壁のある渡り廊下

住宅とアトリエを繋ぐ渡り廊下には全面にガラスブロックが採用されました。半透明で視線を遮りつつ、光を通す明るく圧迫感のない空間です。陽光がブロックを通り壁に映り込むようすはまるで光に照らされた水面のよう。涼しげでさわやかな印象をもたらしています。

​空間を有効利用したワークスペース

こちらは2階のワークスペースの様子。2階の内装も1階同様に仕上げられています。開口が多く設けられており、明るさも抜群です。また造作デスクによって無駄なスペースをつくることなく、家の雰囲気に調和した統一感のあるインテリアが実現しています。このくらいの規模のワークスペースであれば、仕切られた一つの部屋を用意せずとも、ちょっとしたスペースを有効活用することで設えることができます。

多目的に使えるアトリエのある住まいについて何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!