和室: SSD建築士事務所株式会社が手掛けたリビングです。

伝統工法の技で実現したモダンな和風住宅

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

木組、土壁、漆喰・・・そんな伝統的な材料を用いて作られたのがSSD建築士事務所によるこちらの住まい。「シックハウスなどの不安がない健康的な住まい」がクライアントから出された第一条件だったそうで、自然素材をふんだんに用いた家づくりが行われました。地元の材をムダなく使い、昔ながらの工法で仕上げる、そんなエコな家づくりによって住む人にも優しい住まいが実現しました。

​木の風合いが美しい佇まい

「タテの家」と名付けられたこちらの住まい。この「タテ」とは木の外壁の桟が縦に入っているからだそう。壁材には一寸厚の赤杉が用いられ、こげ茶色の自然塗料で仕上げられています。木の外壁はそのぬくもりある質感のほか、経年変化による素材の表情の移り変わりも魅力の一つ。写真では見切れていますが、左手にあるビルトインガレージまでも木組土壁でつくられています。また屋根を複雑にかけることによって、変化に富んだ空間がデザインされています。

吹き抜けのあるリビング

吹き抜けのある広々と開放的なリビング。白い漆喰壁と木のコントラストが美しい、明るく居心地の良い空間です。上部にも多くの開口、その手前にはキャットウォークが設けられ、さらにその下部には照明器具が埋め込まれています。床も無垢のフローリング、そして普通は隠してしまう「貫」もそのまま現し、木の風合いと魅力が最大限に楽しめる空間となっています。

網代天井のある和室

リビングとの視線を統一するために一段レベルを上げて設けられた和室。屋根勾配をそのまま生かした天井は編み模様の美しい網代天井とされています。床の間の朱色土壁も空間にアクセントを添えており、粋ですよね。またこの住まいでは蓄熱式輻射床暖房を採用しているため、冬場でも足元があたたか。リビングと和室の間の段差から床下の暖かい空気が入ってくるそうです。

優しい光に包まれる趣味室

こちらの和室は帯の刺繍をする奥様のために用意された趣味室。格子天井から入る柔らかな光が空間を優しく包みこみます。また、将来刺繍教室を開くことになった場合にリビングと動線を分けられるよう水周りなどがプランニングされているそうです。将来の変化を見据えた柔軟なプランニング、嬉しいですよね。

木に囲まれる空間

トイレも木と土壁に囲まれほっと落ち着ける空間となっています。そしてここでも各部屋と同様、消臭・防かび効果のある漆喰が使用されています。この住まいでは、構造材はもとより、障子、家具にいたるまで地域材(三重の木)が使用され、それが伝統工法の技を持つ職人によって丁寧に仕上げられています。環境に優しく、家族が健康に暮らせる、そんな木の家の魅力が詰まった住まいです。

伝統工法の技で実現したモダンな和風住宅について何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!