リビング: LIC・山本建築設計事務所が手掛けたリビングです。

傾斜地を生かして伸びやかな空間!スキップフロアでつながる平屋

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、傾斜地に建つお洒落な平屋の住まいです。斜めになっている敷地を整備してフラットにするのではなく、あえて傾斜しているという特徴をポジティヴに生かして住まいを建てることで、開放感のあふれる個性的でモダンな住宅が出来上がりました。この住まいを手掛けたのは、岐阜を拠点に活動するLIC・山本建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

傾斜地に建つ平屋

住まいのロケーションは、周辺が自然に囲まれ緑豊かな環境で、敷地は傾斜地となっています。建物はこの傾斜を整備しフラットにするのではなく、あえてこの傾斜を生かして建てられた平屋建て。とはいえ、ただの平屋ではなく、床に段差を設けスキップフロアでつながっているという個性的な作りの平屋となりました。建物の外壁には杉板を使い、シンプルでモダンながらも自然素材の優しさを感じる外観です。

果樹園を庭のように取り込む

こちらは南側から見た住まいの様子です。スッと下へと延びていく屋根の傾斜のラインと、敷地の傾斜に沿って階段状に造られた住まいの建物が目を引きます。敷地の南側は隣地の果樹園となっており、その景色を住まいに取り込むように計画されているため、各部屋から果樹園を見ると、まるで自分の家の庭のように親しみを感じる眺めとなっています。住まいは、玄関の脇に和室、そしてダイニングキッチン、リビング、寝室という構成となっており、それがスキップフロアでつながった「4層の平屋」となっています。窓に使われている木製のサッシもデザインのアクセントとなっておりお洒落ですね。

程よい明るさの和室

こちらは玄関ホールとダイニングキッチンの間に位置する和室の様子です。両サイドは引き戸によって仕切られており、このようにオープンにすることで玄関やダイニングと一体化して開放感のある広々とした雰囲気になります。また、引き戸の上部は開口となっているため、玄関ホールの高窓から程よい明るさの光が入り、快適で心が安らぐ優しい雰囲気の空間となります。

開放感のあるダイニング

こちらは和室の隣にあるダイニングキッチンの様子です。南側の窓から果樹園の木々がのぞめ、視覚的にも開放感があり自然を感じる気持ちのいい空間となっています。キッチン台やダイニングテーブルにナチュラルな素材が使われ、全体的に優しい雰囲気の漂うリラックスできるインテリア。オープン型のモダンなキッチンは、スッキリとしていて使いやすい印象を受けます。毎日の料理の作業も、外の眺めや住まいの気配を感じながらできるので、楽しい気分で取り掛かれそうです。

スキップフロアでつながる住まい

こちらはダイニングキッチンの隣にあるリビングの様子です。段差があるもののリビングからは奥にある和室までもよく見渡せて、スキップフロアで住まい全体がつながっているという安心感があります。日当りのいい南側ですが、明るさが少し気になるときはこのようにブラインドを下すことで光を調整。ソファでゆったりとくつろいで、広々とした住まいでのプライベートな時間を楽しみます。

モダンなバスルーム

こちらはモノトーンのシックでモダンな洗面&バスルームの様子です。洗面と浴室の間に仕切りはありますが、見渡せるので視覚的に奥行きがあり広々とした印象を受けます。浴室には大きな開口も設けられ、全体的に明るく清潔感のあふれる雰囲気となっています。また、洗面スペースは木のフローリング、バスルームの床はタイル敷きで空間は区切られていますが、段差のないバリアフリーとなっています。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

傾斜地に建つ平屋について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!