YY-HOUSE: 久安典之建築研究所が手掛けたベランダです。

秘密の庭が生み出す楽しい暮らし

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家は生活の中心となる場所。ですが、ただそこで生活を送るだけではありません。そこでは子供たちと遊んだり、友人を招いたりと様々な役割を果たすことになります。今回紹介する家の設計を依頼したクライアントが求めていたのは「広さよりも楽しさの感じられる個性的な住まい」でした。建築家は、そんな要望に応えて心地良い住まいを実現させています。それでは早速どのような住まいが建てられたのか見ていくことにしましょう。

依頼主の要望に応えた家

今回紹介したいのは久安典之建築研究所が手がけた家。それは三重県の住宅地に建てられました。そこに住むのは3人の子供とご夫婦。ご主人はマイホームについて「家は最高の遊び道具」という考えを持っていました。奥さんが持つイメージは「人が集まり、賑やかな家が好き」というもの。こうした要望を考えると、家での生活が楽しくなるようなものが必要となります。そこで建築家は要望に応えて特別な空間を実現させています。

シンプルで個性的な外観

建てられたのは鉄筋コンクリートの家。交差点の脇に建てられた家は、外観で多くの人目を引くでしょう。形は箱型でシンプルなフォルムになっています。ただし個性のない単純なものになっているのではありません。庇が窓を囲む形で取り付けられており、シンプルな建物に個性を与えています。そのため、ここで住んでいて住まいに飽きてしまうことはないでしょう。

中庭のある家

家の構造は少し特別なものになっています。家の中心には中庭があり、それを囲むように建物が建てられています。そんな中庭にあるのは階段。それを使って上へとあがることができます。階段を上がると広がるのは屋上。屋上といっても、そこは芝生が張られており、さらに建物に囲まれた中庭のようになっています。そのため家には2層の中庭があるように感じられるでしょう。

子供達の遊び場となる中庭

2層目の中庭には芝生が張られており、子供たちにとっては格好の遊び場になります。通常であれば、庭は外部に接しており、外から中を覗かれる可能性があります。また子供が道路に出てしまい、事故にあってしまう可能性もあるでしょう。ですが、ここでは、外からの視線や車などを気にすることなく、中庭を使って遊ぶことができるのです。

楽しい時間を演出する空間

また周りを建物に囲まれているにも関わらず、ここでは太陽の光を浴びたり、外の風にあたることができます。また家の中から気軽に出られるため家の一部のように感じられるでしょう。そのため天気が良ければリビングルームのように使えるかもしれません。そして友人などを招いて一緒に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

中庭がもたらす心地良さ

このような中庭ですが、他にも重要な役割を果たすことになります。中庭の横にはダイニングやキッチンなどの部屋が配置されています。こうした中庭に注ぎ込む光は、こうした空間も暖かな光で満たしてくれます。そのため家の中はとても明るくなっているのです。このように本住宅では依頼主からの要望に応えて、生活を楽しめるようにして、同時に心地良い生活を可能にしてくれるのです。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭の上手な使い方まとめ集

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!