奥行きのあるクローゼットを上手に活用するには?すっきりクローゼットづくりのための15ポイント

A.Imamura A.Imamura
Begehbarer Kleiderschrank, Regalraum GmbH Regalraum GmbH モダンデザインの ドレッシングルーム 金属
Loading admin actions …

押入れや奥行きのあるクローゼットを上手く活用できていますか?収納スペースが多くあるのは良いですが、押入れや奥行きのあるクローゼットは、特に奥のモノが取り出しにくく、洋服クローゼットとして活用するにはデッドスペースも多く生まれてしまうというデメリットがあります。今回は、すこしでもスッキリと収められるクローゼットづくりのための15のポイントを紹介していきます。

押入れや奥行きのあるクローゼットを上手く活用したい!

押入れや奥行きのあるクローゼットに何でも詰め込み過ぎてはいませんか?限られた収納量を理由に、季節のモノや小物、日常に使用する洋服を一つのクローゼットに無理矢理収めてしまうと、より整理整頓がしずらいクローゼットになってしまいます。出来るだけ断捨離をして、洋服クローゼットと季節モノ収納は、収める場所を分けるように心掛けましょう。


「住まいの写真」ページでは様々な種類の収納を紹介しています。◀

※ ウォークインクローゼットの写真ページ

収納棚を間仕切り代わりに

押入れや奥行きのあるクローゼットを季節のモノを収める場所として使った場合、洋服収納に困ります。洋服クローゼットのための収納棚を取り入れて、間仕切り代わりに使用するというのも一つのアイデアです。特にワンルームならば、寝室とリビングを分ける間仕切りとしても機能してくれます。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録しているリノベーション会社 

突っ張り棒で収納スペースを有効活用

押入れや奥行きのあるクローゼットには、ハンガーラックが備え付けられていないことがほとんどです。突っ張り棒を利用して、洋服を掛けて収められるハンガーラックをつくりましょう。ハンガーラックは、横に設置するのではなく、引き出せるタイプを奥行きに沿って設置しましょう。より有効に押入れの奥行きを活用することが出来ます。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 使ってない部屋をウォークインクローゼットにリフォームするには?

省スペースのハンガーデザインを取り入れて

折角のハンガーラックをより有効に使用することが出来るスリムタイプのハンガーを使用しましょう。できれば同じデザインで統一するのが良いでしょう。ハンガーだけでクローゼットが劇的に生まれ変わります。

キャスター付きラックで出し入れをスムーズに

押入れや奥行きのあるクローゼットは、特に奥のモノが取り出しにくい傾向があります。下部はキャンスター付きラックを取り入れて、スムーズにモノの出し入れができるようにしましょう。また大きなクローゼット棚の場合も、キャスターや可動式タイプを選べば、収納しているものを一目で把握し易く、また安全性も高いです。

引き出しで奥のモノも取り出しやすく

引き出しで奥のモノも取り出しやすいようにアレンジしましょう。特に押入れや奥行きのあるクローゼットに洋服を収める場合、引き出しタイプの収納は、下着や肌着、小物などを収めるのに最適です。引き出しごとに納めるものを仕分けするのも簡単になります。

カラーで整理整頓

ハンガーラックでは、スール、シャツ、スカートなど洋服タイプで分類するほかに、カラーで分けるのもおススメです。カラーで洋服を色分けすることで整理し易い他、また視覚的にすっきりとするので乱雑な印象になりません。

小物の収納も賢く

雑になりがちな小物収納にも気を配りましょう。ベルトやネクタイは、掛けて収めるタイプの収納が省スペースです。帽子やカバンは、クローゼット上部に飾りながら納めるようにすると、クローゼット内がおしゃれに仕上がります。

小さなスペースは、ウォークインクロ―ゼットとして活用

小さな屋根裏部屋などは、ウォークインクローゼットとして活用してみましょう。空間にあわせて収納棚を設置すればデッドスペースを減らすことが出来ます。居住空間のクローゼットと屋根裏収納のウォークインクローゼットで収めるものを分けられるという利点があります。

モノを詰めすぎない

いくら収納があるからといって、モノを整理せずにいるとクロ―ゼットから洋服などがあふれ出てしまいます。年に数回は、断捨離をするように心掛けましょう。クローゼットはの整理具合と、毎日のファッションは大きく関係してきます。

収納棚を三段に分ける

収納棚は、三段に分けましょう。上部や帽子やカバンを収める場所として、真ん中の棚は使用頻度の多い洋服を収める場所、下部はスーツケースや季節のモノや靴などを収める場所として分けることが出来ます。三層構造によって、何がどこに納められているか把握し易くなります。

上部を有効活用するには?

天井高まである収納は、収納量が多いと思いきや、じつはなかなか使いづらい場合も。特に、

押入れや奥行きのあるクローゼットの場合、天井高・奥行きの深さのある場所はデッドスペースになりがちです。この上部空間を利用する場合は、比較的軽いモノを収めましょう。また無理に収納として利用するのではなく、間接照明を設置して収納内の照明を確保に使用するのも一つのアイデアです。

収納棚は、ベースカラーをあわせて圧迫感ゼロに

収納棚は、出来るだけ部屋のベースカラーにあわせることで圧迫感を軽減することが出来ます。壁や天井が白を基調としているのならば白い棚を。茶色の場合は、茶色を選ぶなど、カラーの統一を考えることですっきりとした印象になります。

籠を利用する

引き出し同様に、籠を上手く利用しましょう。白いカゴやふじの籠など、自分の部屋のインテリアに馴染むデザインを選んでも良いでしょう。籠を利用すると、上手く分類できる他、隠しながら収納することもより簡単になります。

L字型に配置する

L字型にオープン棚を配置するのもおススメです。日常着る洋服は横方向のハンガーへ、オフシーズンの洋服などは壁側コーナーへ収納するのがポイントです。手の届きやすい場所にワードローブを収めることで、ランドリー後の洋服収納の効率アップにも繋がります。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事