LDK: Interstudio  Architects & Associates Japanが手掛けたリビングです。

自然の恵みを肌で感じる土蔵造りの家

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのはINTERSTUDIO ARCHITECTS & ASSOCIATES JAPANによる木造伝統構法を用いた土壁漆喰の住まい。外壁は大壁、内壁は真壁とする土蔵造りで木材も地元のものを使用したこだわりの住宅となっています。「アアルトやカーンのような建築」を依頼された建築家が、自身のテーマでもある「環境的建築づくり」という視点からの解釈により設計した住まいとあって、モダンながらも自然の恵みを感じられる心地良い空間が広がっています。

​漆喰の白が映える外観

1階部分は土壁漆喰塗り、2階部分は土壁の上に杉板張りで仕上げられています。漆喰の白と杉板の暖かな色合いのコントラストが美しいですね。杉板が経年変化によりその表情を豊かにしていくのも楽しみです。こちらの住まいに用いられた木材は地元比婆地域の杉桧だそうで、構法のみならず材料にも建築家のこだわりが感じられます。

シンプルで美しい佇まい

こちらは漆喰本塗り前の様子。奥に見える平屋はガルバリウム鋼板竪ハゼ葺きとなっています。南側には庭に面してバルコニーがあります。またリズムよくならんだ柱がファサードに美しいプロポーションを生み出しています。

​土地の記憶を受け継ぐ塀

北側玄関ポーチの様子です。もともと敷地にあった石積み擁壁の台地を積みなおして作られた塀やミニマリスティックな門が空間に表情を加えています。塀の石と石の隙間には照明が埋め込まれており、夜間には足元を明るく照らします。またこの石垣の中にはインターホンやメールボックスも埋め込まれているそうです。

​家の中心である土間

建物全体はこの土間を中心として二つのブロックに分かれているそうで、文字通り家の中心といえるこの場所。単なる玄関としての機能だけでなく、釣り名人のクライアントの作業場ともなる場所です。北の玄関と南の中庭を結ぶ場所にあり、また上部は吹き抜けとなっているため、風の通る心地の良い空間となっています。

空間のつながりを感じる場所

こちらは2階から土間を見下ろした様子です。大きな開口からは外部空間を感じられ、また十分な自然光を取り込むことができます。内部空間での水平および垂直方向のつながり、また内外空間のつながりも感じられる開放的で広がりある空間となっています。

木に囲まれた贅沢な空間

広々とした一室空間であるLDK。木目の美しい木に囲まれての生活はゆったりと快適なものに違いありません。奥に見えるキッチンや大きなアイランドテーブルも職人によって作られたオーダーメイドのもの。家具等も一体的にデザインすることで住まいの雰囲気に溶け込んだ統一感あるインテリアが実現しています。

​障子で仕切るフレキシブルな2階部分

2階も基本的には一室空間となっており、建具で仕切ることで1部屋から3部屋まで自由に分割することができるフレキシブルな空間。こちらは建具を取り外した時の様子です。建具には明り障子の太鼓張り(組子の両面に障子紙を張ったもの)が採用され、仕切った際にも柔らかな光を通し空間に圧迫感を与えません。写真の中央右にあるガラス仕切りは、クライアントが所有していた現在では生産されなくなった古ガラスを組み合わせたものだそうです。

自然の恵みを肌で感じる土蔵造りの家について何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!