矢の口の家: 向山建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

庭と一体化するリビングルーム

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

リビングルームと言えば何を思い浮かべるでしょうか。そこは家族が集まる場所になります。そしてゲストをもてなすための場所にもなるでしょう。そのため気軽に家族や友人が集まれる場所でなくてはいけません。そしてリビングルームに自然に集まれるような魅力的な場所にする必要があるでしょう。そこで紹介したいのは個性的なリビングルームのある家。それは開放感を持たせることで気軽に人が集まれる場所になっています。

依頼主の要望に応えて建てられた家

今回紹介する家を手がけたのは向山建築設計事務所。それは東京の住宅地の一角に建てられました。家を建てる際に考えられたのは家の設計を依頼した依頼主の要望。ご主人は多くの友人を招いて手料理を振る舞えるような空間を求めていました。こうした要望に建築家は応えて、少し変わったリビングルームのある家を建てています。

2つの性格を持つ建物

家の外観は2棟の建物を組み合わせたような形になっています。建てられたのは木造2階建ての家。2階建ての部分は、片側が高く反対側が低い片流れ屋根となっています。その壁は白色にまとめられており、シンプルな印象を感じられるでしょう。一方で建物の一部は平屋建てとなっており、外壁は木材でまとめられています。そのためシンプルさとナチュラルさといったように建物は2つの性格を持ち、1棟の建物であってもまるで2棟の建物のように感じられるかもしれません。

土間が広がるLDK

このような建物の大きな特徴となるのはリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンが集まるLDKの空間。それは平屋の部分に設けられています。通常LDKと言えば木などのフローリングで床が覆われていますが、ここでは土間が広がっています。土間は日本の伝統的な建物に見られる建築空間で、それは地面と同じ高さとなっており、床から一段低くなっています。そして屋外空間と繋がる場所に使われるため屋外でも屋内でもない中間的な印象を与えるのです。

庭と一体化するリビングルーム

土間の前に広がるのは緑の美しい。それと土間の間にはガラス戸が設けられていますが、それを開放してしまえば大きな開口部が生まれて庭と繋がり、一体化しているように感じられるでしょう。そのためリビングルームなどがあるLDKが外まで広がっているように感じられます。もちろん外に広がる庭の風景を家の中に取り込むことができます。そして、まるで屋外にいるような開放感を感じることができるのです。

明るく風が通り抜ける空間

こうしたLDKは開放感を楽しめるだけではありません。ガラス戸を開放すれば外からの風を取り込むことができます。そのため家の中で風が澱むことはありません。またガラス戸を閉じても、そこからは太陽の光を取り込むことができます。そのため家の中は暖かな光で満たされるのです。

多くの友人を招けれる心地良い空間

リビングルームはガラス戸を開ければ庭と一体化するため、庭もリビングの一部として使うことができるでしょう。そのため多くの友人を招くことができます。もちろん明るく開放感のある空間であるため誰もが気軽に集まることができるでしょう。このように本住宅では特別なリビングルームによって依頼主の要望に応え、そして家族や友人が自然に集まれるよな魅力的な空間になっているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!