外との繋がりを生むプライバシーを考えた家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

最近の家は様々な形で、住まいのプライバシーを守り、開放感が得られるように考えられています。例えば、中庭もその一つです。それは外から見られない空間を作り、同時に家の中に光や風を取り込めるようにします。ですが、外との繋がりを生み出すのは簡単ではありません。そこで今回紹介したいのは、外との繋がりを保ちながらプライバシーを守る家です。そこでは開放感も得られる素晴らしい空間が実現されています。

プライバシーを守るように考えられた家

今回紹介したいのは萩原健治建築研究所が手がけた家。それは神奈川県の平塚市に建てられました。敷地の周りに広がるのはのどかな風景。そこからは富士山が眺められるような素晴らしい環境が広がっています。ただ敷地には1つ問題がありました。それは近くに駐車場があること。車の駐車のために人の出入りがあり、家の中を見られてしまう可能性があります。そのためプライバシーを守れるような家が考えられました。

シンプルな外観

建てられたのは木造2階建ての家。それは箱型の建物を組み合わせた形でシンプルな印象を与えてくれます。そんな建物を覆うのグレーにまとめられた外壁。建物の玄関側には窓が2階にしかなく、1階には玄関の扉だけが見えます。そのため家の中を窺うことはできません。こうした建物の外観からはプライバシーを意識した建物であることがわかるでしょう。

木材が生み出す暖かな雰囲気

家の中に広がるのは木の存在感を感じさせる空間。例えば家の2階では木に包まれるように感じられるかもしれません。それを感じさせるのは天井、木の床、そして壁の一部に使われている木材です。そのため木の茶色を至る所で見ることになります。床に使われているのは合板ではなく木からそのまま切り出した無垢材。そこを素足で歩けば、木の質感を肌で感じることができます。そして木が生み出す暖かな雰囲気を体全体で感じることができるでしょう。

周りの風景を取り込む窓

家の近くに駐車場がありますが、その一方で周りにはのどかな風景が広がっています。そんな風景を取り込むように考えられたのは、家の上側、特に2階に設けられ多くの窓。2階は駐車場から見られる可能性が低いため多くの窓が設けられています。それは額縁に入れられた絵画のように、風景を切り取り家の中に取り込みます。そのため家の中にいても外にいるような感覚を感じるかもしれません。

プライバシーを守り、開放感を生み出す庭

このような家で大きな特徴となるのは家に設けられた庭です。建物はコの字型をしており、庭はその凹んだ部分に造られています。そこには2階まで届く高い壁があり、庭は中庭のように見えるかもしれません。もちろん壁は外からの視線を跳ね返しますが、外からの風や光を遮ることはありません。というのも壁は細長い木の板を隙間を空けて縦に並べたもの。その隙間は外との繋がりを作り、風や光を庭や家にもたらしてくれるのです。

開放感とプライバシーの両立

本住宅で考えられたのは開放感とプライバシーの両立。ここでは庭に外壁を設けることでプライバシーを守ることに成功しています。ですが、それは完全に外の繋がりを遮断するのではなく、風や光を通すような緩やかな繋がりを残すことで心地良さや開放感を感じさせてくれるのです。このような空間であれば、近くに駐車場を気にすることなく、気持ちの良い暮らしができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!