ゆったりとした時間が流れる、人にも環境にもやさしい住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

TEKTON | テクトン建築設計事務所によって手掛けられたこちらの住まいは、川沿いに広がる竹林を望むことができるのどかな場所に建てられました。日差しをコントロールする深い軒、借景や風を取り入れる効果的な窓配置等、さまざまな工夫によって、良好な周辺環境を最大限に活かした人にも環境にもやさしい住まいとなっています。

落ち着いた印象の外観

敷地は北側に碓氷川、またその川沿いに緑の美しい竹林を望むのどかな場所にあり、そんな良好な周辺環境を生かした開放的で心地のよい住まいが望まれました。青々とした芝生が敷き詰められた庭に面している南側のファサードには大きな開口が設けられ、深い軒をもつ切り妻屋根が建物全体をやさしく包み込みます。深い軒先をつくるため、柱の上部から腕木を突き出して軒を支える「せがい造り」という伝統構法を用いて設けられた2階のデッキがファサードに美しいプロポーションを与えています。シンプルで落ち着いたデザインが、豊かな周辺環境によくなじんでいますね。

​周囲に開かれた屋外空間

休日には家族や友人を招いてバーベキューや季節の行事を楽しみたいというクライアントの希望から設けられた広い庭。周囲には大きな門や塀はなく街に開かれたオープンな構成がとられています。駐車スペースもなるべく庭の一部として溶け込むようデザインされました。

​縁側のようなウッドデッキ

南側一面には大きな開口部とウッドデッキが設けられています。縁側のようなウッドデッキは、腰かけるのに丁度よい高さに設定されており、を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。また建具の枠の存在感がなくなるよう細部までこだわってデザインされており、内外のつながりをより感じることができます。

人々をあたたかく迎える玄関ホール

玄関ホールの様子です。目の前には大きな開口が設けられ、その奥には美しい竹林が広がります。床は玄関土間部分と連続的にデザインされており、空間のつながりを感じることができると同時に白い壁や木製家具、建具とのコントラストも美しいですね。

明るい階段吹き抜け

階段は軽快なスケルトン階段を採用し、光、風、視線の通る明るく開放的な空間となっています。階段下のスペースにはクライアントの趣味であるロードバイク、またクリスマスツリーや正月飾りなど季節の飾り物が置かれることが想定されているそうです。

​開放的なLDK

こちらは庭に面するLDKの様子。この住まいでは、全ての居室が南に面するよう計画され、間取りもシンプルで使いやすいよう配慮されています。大きな開口のある一室空間は、とても明るく開放的。常に家族の気配を感じられるのも嬉しいですね。

​一年中快適な室内

LDKは、間仕切りを開け放てば和室まですべてが一体的に繋がります。そのナチュラルで温かみのある内装もあいまって、家族団らんの場にふさわしいのびのびと心地の良い空間が広がります。また、心地よい風がうまく通り抜けるような窓配置や、夏の強い日差しをやわらげ、冬の暖かな陽光を取り込むような軒の出方などを工夫することによって、なるべく設備に頼らずに一年中快適に過ごすことができる空間が実現しています。

​竹林を借景する和室

こちらはLDKと繋がる和室。障子を開け放てば、風情ある竹林の借景を楽しむことができます。窓の高さは、和室の床座った時に人がスッポリ景気の中に納まり、かつリビングからは川向こうの住宅などが見えないよう設定されています。

​フレキシブルな書斎コーナー

2階にある書斎コーナーの窓からも竹林を望むことができ、美しい景色を眺めながら落ち着いた気持ちで作業をすることができます。2人で一緒に座ってもゆったり使えるカウンターと大容量の本棚が造り付けられており、将来は子どもたちがスタディコーナーとして使用することもできます。また間仕切りを設けて完全な個室としても使用可能だそうです。

​内外のつながりを感じる空間

将来は2室に分けることが想定されている子ども室。大きな開口とバルコニーが設けられ、2階にいても庭とのつながりを感じられるよう計画されています。またバルコニーの床と軒が室内の床および天井と連続するようデザインすることで内外につながりが生まれ、より広がりを感じることができる空間となっています。

ゆったりとした時間の流れる人にも環境にもやさしい住まいについて何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!