北側リビングの向こうは海!石垣の上に建つ眺めのいい住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

皆さんは、リビングや住まいの中心となる部屋は絶対に南側にあるべきと思っていませんか?今回ご紹介するのは、石垣の上に建ち美しい眺めを楽しめる住まいです。敷地の北側には広大な海をのぞめる環境があるため、その景色を生活の中に取り入れるためリビング等は住まいの北側に配置されています。逆に南側には庭を設け、光や風を上手に取り込み住まい全体に快適な空気が行き渡ることで、居心地のいい住空間が実現しています。この住まいを手掛けたのは、長崎を拠点に活動する鶴巻デザイン室です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

高台にある石垣の家

住まいのロケーションは長崎県。石垣の上に建つ2階建ての住まいです。こちらは北側の外観ですが、高台から広大な海の眺めが楽しめるようになっているため、北側にも開口部を多く設け、またテラスも設置し、外に向かって開けた雰囲気となっています。北側の景色を生活の中で取り込めるように工夫し、さらに道を行く人とは目線が合わない高さに家はあるため、それらの点も含めて周辺環境を上手に生かしてることがわかりますね。

平屋のように見える道路側の外観

こちらは道路に面した南側の外観です。脇道の隙間から海が見え、住まいの北側は眺めがいいことがこちらからもうかがえます。またこの道路側から住まいを見ると、石垣の上に建てられているのではなく、シンプルな平屋の住まいにも見え、方向によって住まいの印象が変わるところも面白いですね。

海を眺める北側のリビング

こちらはリビングの様子です。木のフローリングに白を基調としたシンプルなインテリアとなっています。住まいの中心となるLDKが北側に面している珍しいこの住まいですが、大開口の向こうに広がるこの美しい海の眺めを見ればその理由も十分頷けます。リビングとダイニングは吹き抜けとなっていて空間的にもゆったりとリラックスできる雰囲気。毎日この広大な景色を楽しみ、豊かな気持ちで生活が送れるなんて素敵な住環境ですね。

吹き抜けのリビングダイニング

こちらは違う方向から見たLDKの様子です。ダイニングを介してキッチンからも北側の美しい眺めをのぞめ、開放的な気分で料理が楽しめるレイアウトとなっているのが特徴です。広々としたオープン型のキッチンは、部屋のインテリアに合わせてナチュラルなデザインとなっています。リビングとダイニングの吹き抜けによって、南側から光と風を取り込み、住まい全体に快適さを届けます。リビングの横にある和室は南側の庭とつながっていて、一味違った落ち着きがある雰囲気となっているのも素敵です。

南側の小さな庭

こちらは玄関脇に設けられた庭スペースです。道路に面していますが、塀とルーバーで囲われているので、それほど外部の視線は気になりません。方角は南側に当たるため日当りがよく、快適な光と風を住まいへと送り込みます。また、住まいの和室からこの庭が眺められるようになっています。

景色を楽しむテラス

こちらは1階に設けられたデッキテラスの様子です。室内から海を眺めるのもいいですが、外が気持ちいい季節はこのテラスに出て美しい景色を楽しむのがおすすめ。LDKから続く半屋外スペースとして、くつろいだり、食事をしたりと、いろいろな用途で利用する機会も多くなりそうです。美しい景色を生活の中に取り込んだこの住まいで、家族みんながいつまでも豊かな気持ちで暮らす姿が目に浮かびます。

美しい海を眺めることのできる住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!