2階から庭を望む: フィールド建築設計舎が手掛けたベランダです。

自慢の庭と縁側!大屋根で作る開放的な家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

快適な住空間に欠かせないポイントとして、十分な換気と採光などがあげられますよね。せっかくの新築で建てる夢の家、快適な上に開放感や季節感を感じられる住まいにしたいと思いませんか?限られた土地をどんなアイデアで活かしきることができるのでしょう。そこで今回ご紹介するのは片流れの大きな屋根が包むダイナミックで開放的な住宅です。大阪で活動する設計事務所、フィールド建築設計舎が手掛けるこちらの住まいは大屋根のたっぷりとした懐に三層のワンルーム空間で構成された木造住宅。大きな屋根の下、迫力ある屋根構造と天窓からの気持ちのいい光が開放的な住空間に。庭に突き出るようなL字型の縁側も設えた、四季を愉しむ最高の住空間が広がっています。

植栽と大屋根が覗く外観

敷地があるのは大分県中津市。比較的ゆったりとした住宅街、背の高い外構柵と大きな屋根が印象的な本住宅です。周辺には閉じた印象のプライバシー性の高いデザインに。大きな屋根と存在感のある黒塗りの柵はどこか古民家のようなどっしりとした風格を感じることができます。柵の上から覗く植栽がちょっぴり柔らかな雰囲気をもプラスしてくれているようです。

大屋根の下の大空間

一階は大空間に収まるリビング・ダイニング・キッチンスペース。大屋根の下に広がる大空間は二階部分が浮遊しているように見えるほど開放的な空間に。白い壁に映える大屋根を支える構造材や建具枠はダイナミックな印象です。屋根の一部をくり抜いたようなトップライトからは、気持ちのいい自然光が差し込み奥まった空間まで明るさを確保。キッチンを囲むようなL字型の大空間、家族が時間を共有する賑やかな住空間プランですね。

縁側と庭のいい関係

一階を見下ろす眺め、L字型の縁側が庭に突き出たような形状は空間を共有するようなプランに。人の背の高さほどの柵に覆われた空間は家族のためのゆったり寛げるスペースです。和風庭園にゆるりとひろがる縁側、屋内外を一体化させてしまったような空間は休日には一日過ごせそうなほどリラックスできる居場所ではないでしょうか。枯山水のような静けさを感じる庭と縁台つきの縁側は木漏れ日の中、お茶や会話を楽しむには最高ですよね。

屋根裏の明るい空間

二階は寝室のあるプライベートな空間です。一階リビング吹抜けと繋がる室内開口は光や風、空間の繋がりをコントロールできるアイテムに。晴れた日にはもちろんフルオープンにして光や風通しを通す気持ちのいい空間に。窓から下階を覗きこめば庭を望む景色が広がります。コーナーに添って設けられたカウンターには和風を感じるミニ戸棚を設置。雰囲気はまるで詩人のための居場所のような。縁側とは一味違った開放感ある居場所です。

光と植栽を愉しむお風呂空間

お庭へはお風呂場からもダイレクトに出入り可能な緑を楽しむ開放的な空間です。比較的大きな開口を設けられた浴室はフルオープンにして。もちろん、すっぽりと囲う柵によってプライバシーのある空間。朝方に入れば気持ちのいい朝日が眩しく感じられる最高に気持ちのいいお風呂に。スッキリとバランスのいい庭の植栽と、真っ白なインテリアにナチュラルさと広がりを感じる空間です。

【縁側については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 縁側とは?その魅力とタイプ別デザイン集

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

お庭に突き出た縁側で過ごす休日は気持ちがよさそうですね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!