21世紀のオフィス

homify japan homify japan
Loading admin actions …

仕事にもよるが、沢山の人がオフィスで働いているのは事実である。いったい一日どれだけの時間をオフィスで過ごしているだろう。日中コンピューターの前で過ごす人がいるように、仕事は私たちの生活に大きく影響する。だからこそ、オフィス内の環境は、過ごしやすいものであってほしい。

堅苦しいオフィス内の雰囲気は(とてもありがたいことに)少しずつ変わってきている。インターネットのおかげで、多くの人々が自宅で仕事をし、自分たちの好きな時間だけ働くようになってきている。会社は社員達の環境や、生活についてもっと気を配るようになり、社員たちもより快適に仕事が出来るようになった。過ごしやすい場所、幸せな気分になる空気を提供することにより、多くの人々がより効率的に仕事が出来るようになることに気が付いたのだ。例えばGoogleやSoundcloudは皆が働きたいような環境を整えている。昼寝用の部屋、カフェ、その他多くの面白い部屋がある。これにより社員同士はコミュニケーションの場を増やすと同時に、それぞれの創造力をさらに高められるようになった。今日はそんな、明るく、開放的なオフィスをご紹介致したい。

イラストレーションの壁

高い天井はより開放感を与え、大きなガラスの窓は沢山の光を室内に運んでくれる。コミカルな壁のイラストにより、今までの堅苦しい事務所の印象が、人間味のある一気に面白いものになる。

伝統との融合

これは16世紀に建てられた教会を改造して出来たオフィスである。昔の職人たちが手掛けた教会の内装は息をのむほど美しく、そんな室内で働けるとはとても贅沢な環境だ。夏でもエアコンなしですごせる教会ならではの環境は、エコでもある。

休憩室

一日の中での休憩時間はとても重要である。ベルリンに新しいオフィスを建てたSoundcloudは、昼寝ルーム、ラウンジ、小さな読書部屋などをつくった。社員がいつでも疲れた目を休め、心身ともにリラックスの出来る場を設けている。読書はモニター画面に向かいつつげたことによって疲れてしまった脳を休めることが出来る。

ミニマル

オフィス内をミニマルなデザインに収めることを望む人達もいる。クリエイティブな仕事をしている人たちにとって、装飾が多い環境は時に彼らの創造力を邪魔する。実際、多くののデザイン事務所はとてもミニマルなデザインである。

カフェテリア

幾つもの会社がカフェテリアに重点を置いている。社員の健康に配慮することは勿論、コミュニケーションの場としてとても大切な休憩所である。階段の周りにカウンターを設置したことにより、同じテーブルで食事をしている人だけでなく、カフェテリアを行き来する人達にも声をかけたり、社員一人一人がより多くの人を知れる場である。

建築が、人々の行動を大きく変え、人々の生活に影響を与えると同時に、ライフスタイルや、働くということについて考え直した私たちの変化は、建築にも大きな影響を与える。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!