ASSY: 建築設計事務所SAI工房が手掛けたダイニングです。

売れ残っていた悪条件の敷地に… 快適住宅が建つ

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

敷地があるのは神戸市山手の住宅街の一角。神戸と言えば港と山が織りなす美しい景観が人気の観光地、そして同時に落ち着いた住環境も兼ね備えており、多くの人が良い印象を持っているのではないでしょうか。しかしこの敷地、いくつかの問題を抱えていました。それは新興住宅街と築20年以上の街並との境に位置していること、前面道路より約3m低い複雑な土地形状であること、近隣住民の生活動線が敷地内にあることなど… 。以上のことから買い手がつかず、半ば取り残されているような状況だったそう。そんな敷地に新築する住宅、担当したのは建築設計事務所SAI工房です。いったいどんな住宅が出来上がったのでしょうか?

外観

前面道路から見るとこのような外観です。まるで平屋のように見えますね。これは敷地がこの道路よりも3m低いため。このスペースは日当りのいいテラスとして使用され、暑いときは大屋根の軒下で一休みも可能です。三角形の大屋根は低い位置まで斜めに下げられており、外観にダイナミックな動きと個性的な特徴を加えています。

反対側外観

反対側外観は坂の路地を登っていくと突き当たりに見えます。このビューでは普通の二階建て住宅に見えますね。道路からのスムーズなアプローチの為、1F及び駐車場は道路に正対するように配置しました。

テラスと一体感のあるLDK

二階にはテラスに隣接してLDKを配置しました。一階に対して45°振ることで、隣家からのプライバシーの確保、須磨浦公園を望む東側の眺望、そして西側にある緑が残された祠の軸線に対するなど様々なメリットが生まれました。室内と大屋根の天井を同じ木材パネルで造ることで統一感が生まれ、内と外がスムーズにつながり、さらなる広がりと開放感を得ることが出来ました。大屋根の三角形の開口部も印象的ですね。

素晴らしい眺望

東側の眺望はご覧のように抜群の良さ!全面を開口部とし思い切り景色を取り込みます。カーテンも上へたくし上げるタイプを採用することで眺望を邪魔しません。この景色を見ながら毎日食事ができるなんてとても贅沢ですね。室内は木材がたっぷり使用されたナチュラルで優しげな空間。は深い色味のフローリングを、壁と天井を明るい色にすることで、落ち着きがありつつ明るい広がりを感じさせる室内となっています。

様々な機能を持つテラス

大屋根の天井は木材パネルが使用されて、まるで大きな木の下にいるかのような心地良い空間です。道路からテラスを挟み居住スペースを奥へ配置することでプライバシーを確保すると同時に、このテラスを近隣住民との交流の場にしています。それではプライバシーの確保にならないとお考えですか?確かに周囲に対して完全に閉じてしまえばもっと簡単に、完璧なプライバシーを確保できるかもしれません。しかし、地域のいち住民として生きていく上でそれは幸せなことでしょうか。周囲の環境と良い関係を築くことが、安全で信頼できる幸せな生活につながるのです。

敷地の悪条件をまったく感じさせない住宅が完成しました。ぜひあなたの感想を教えて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!