Joep van Os Architectenbureauが手掛けた

古い農家がモダン&おしゃれに大変身!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

古い農業用の建物は狭い窓が作る薄暗い室内によって、暗く息苦しい空間という印象があります。また、建材が劣化しており多くの箇所が破損しているので、そのまま住むというわけにはいきません。

オランダの建築事務所JoepVan OsArchitectenbureauが手掛けたのは、そんな古く劣化した農家のリノベーションです。リノベーション後、建物はスタイルと個性を放つモダンな住宅へ生まれ変わりました。詳しく見ていきましょう!

リノベーション前

こちらがリノベーション前の様子です。屋根や外壁、壁の断熱材などを完全に改装しなければなりませんでした。内部は床、パイプやダクトなどを交換、いくつかの壁は解体し、天井や床は新しく作成することに。

梁とレンガの壁

違うアングルから。大規模なリノベーションが予想されましたが、この建物が持つ素朴な魅力を損なわないように、木製の梁やレンガの壁はもちろん維持することになりました。しかし、現代生活に合う機能性と居心地の良さもまた必要です。どのような結果となったのでしょうか。

リノベーション後

こちらがリノベーション後です!オリジナリティのあるとても魅力的な空間です。こちらはラウンジ、キッチン、ダイニングルームが一体となった明るく風通しの良いスペース。天井高はなんと8m!年月を経た独特の質感の柱や梁が白い壁との間に作るコントラストが印象的です。中央に上の階へつながる階段があります。

​キッチン

キッチンはラウンジとダイニングルームとの間に配置されました。オリジナルの要素ー柱やレンガの壁に囲まれた中に、ダークカラーの洗練された家具と現代的な電化製品、デザイナーランプが配され、ラスティックxインダストリアルxモダンスタイルが絶妙にミックスされた、オリジナリティ溢れる素晴らしいインテリアの完成です。

レンガの壁

8mの天井高まで届くレンガの壁は大迫力です。オリジナルの要素を残し、うまく生かすことは、この建物が持つ歴史に敬意を払うこと。新たに追加された金属の柱や大きな窓とのコントラストが素敵ですね。ダイニングエリアは革張りの椅子、木製のテーブルとインダストリアルスタイルの大きなランプという構成。

階段室

こちらは空間の中央に配された階段室です。空間の仕切りとしての役割を兼ね、壁面は本棚にもなっている機能的なデザインです。大きな窓からは自然光がたっぷり差し込むと同時に、外部の美しい景色を眺めることができます。柱と梁はコンクリートの基礎で保護し、コンクリートの床との調和も抜群。

二階

二階にはベッドルーム、ドレッシングルーム、バスルームがひとつの空間に配され、光と風通しの良い大空間となっています。浴槽とふたつのシンクは高さを付けた床面に配置してゾーニング。シャワーとトイレは別の部屋にあります。中央に見えるのはモダンでスリムなデザインの暖炉です。梁をより身近に感じることができ、ラスティックでワイルドな魅力に満ちています。

洗練されたミックススタイルがとても素敵なインテリアですね。あなたの感想もぜひ教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!