外部空間を生活に取り入れた明るくオープンなコンクリートの住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

鉄筋コンクリート造と聞くと、クールモダンで閉鎖的、どこか冷たい雰囲気の住まいをイメージされる方も多いと思います。今回ご紹介するアーキ・アーバン建築研究所+中出喜美男によるこちらは、そんなイメージを払拭するような明るく開放的でフレンドリーな印象を与える住まいです。通りに対しても閉じすぎることなく、またコンクリートの長所を活かして屋上やテラスといった外部空間を積極的に暮らしの中に取り入れたオープンな雰囲気の住宅は、コンクリート造を知り尽くした建築家の手腕により、木造と大差ない予算で仕上がったそうです。では早速見て行くことにしましょう。

​豊かな屋外空間

敷地は住宅密集地の一角にありますが、建物をセットバックし、ゆったりとした余裕のある構成となっており、圧迫感を感じさせません。手前にアプローチ、そして車庫が設けられ、ファサードは家族や訪れる人を温かく迎い入れるように大きく開かれています。コンクリートの住宅と聞くとクールで冷たいイメージを抱きますが、こちらの住まいははフレンドリーで暖かな印象を与えます。右手奥に広がる庭およびテラスとの境目はガラスで仕切ることで街に対しての拒絶感を緩和し、さらにドアを設けて近所の人が気軽に立ち寄ることができるよう配慮されています。屋上のテラスはガラスで防風され、快適な屋外空間で良好な眺望を楽しむことができます。また車庫の屋上は風通しの良いフェンスで囲われ、ガーデニングが楽しめるスペースとなっています。

​開放的なテラス庭

東西に長い敷地の南側3mは採光を確保するためテラス庭が配置されました。ここはLDKに面し、室内空間と一体的に使用できるアウトドアリビングのような空間でもあり、また屋上へとつながる階段のある動線の一部でもあります。視線が通り、抜け感のある開放的で快適な空間です。

​たっぷり収納のある玄関、廊下

白ですっきりとまとめられた玄関はとてもモダンで清潔感ある雰囲気です。壁一面に配された収納も嬉しいですね。

階段横には造作本棚

フレンドリーでぬくもりある印象を与える木製階段の横には梁型空間を利用した本棚が造り付けられています。さながら家族の図書館といったところでしょうか。こんな風にスペースを有効活用しつつ空間を楽しく演出するのも素敵ですよね。

​家族がお互いを感じあう空間

室内は、家事をしながらでも親子がコミュニケーションを取り、同じ空間で過ごせるよう、キッチン、家事机を中心としてダイニング、リビングそしてテラスがつながる一室空間として計画されました。また各個室への移動もこの空間を経ることになるため、必然的に家族同士が気配を感じあえます。

​「静の間」リビングスペース

一室空間とは言っても必要に応じて部屋を区切ることができるようダイニングとリビングとの間には大型のガラス戸が設けられています。こちらは静かに過ごす場所として「静の間」と名付けられました。白を基調としてシンプルにまとめられた空間はナチュラルで落ち着いた雰囲気。テラスやダイニング方向に視線が通る、明るく開放的な空間でゆっくりと時間を過ごすことができます。

外部空間を生活に取り入れた明るくオープンなコンクリートの住まいについて何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!