障子: 原 空間工作所 HARA Urban Space Factoryが手掛けたです。

いろいろなデザインがある障子10選

Manami Sakaguchi Manami Sakaguchi

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

日本家屋における扉や窓に用いる建具のひとつである障子は、古来より日本家屋独特の仄暗さや陰影の美を演出するものとして日本の建築文化の象徴的な存在でした。そんな障子は格子に組んだ木の枠に細い桟(組子)を組み、その片面に紙を張ったものです。組子によってさまざまなデザインがあります。今回はいろいろなデザインの障子を紹介したいと思います。

マス目の大きさがそれぞれ違う障子

こちらは東京を拠点に活動する灯和屋(株式会社シェアスタイル)が手掛けた、山梨県にある小高い丘に建つ住宅です。再建築不可の築35年の物件を古民家風にフルリノベーションされました。アクセントカラーである朱色が美しいこちらの囲炉裏がある客間は、あたたかい灯りを囲んでゆっくりとくつろげる空間となっています。そんな空間をつくっているひとつが障子です。同じマス目のデザインの障子でもマス目の大きさがそれぞれ違うことで、印象が異なりますね。

横長のマス目の障子

山の窪地の見渡す限りの広い茶畑の中に建つこちらの住宅は、静岡県を拠点に活動する原 空間工作所が手掛けました。障子越しに入る光は柔らかく、室内に表情豊かな空間を生み出しています。横長のマス目がある障子は横繁障子と言いますが、通常の横繁障子はマス目がもっと細かいです。ですがこちらのようにマス目を大きくすることで、和風すぎず空間に合ったデザインの障子となっています。

縦長のマス目の障子

こちらは富山県を拠点に活動するアトリエレトノが手掛けた住宅のリビング・ダイニングです。上記のは横長、こちらは縦長のデザインの障子となっています。縦と横でまた違った雰囲気のもつ障子ですね。閉じたまま採光を確保できる障子は、その柔らかい光で暮らす人の心をやさしく包み込んでくれることでしょう。障子は和室だけでなく、デザインを変えることで洋風の空間にも合わせることができます。

猫間障子

大泉の舎‐猫間障子のあるリビングルーム: 有限会社中村建築事務所が手掛けたリビングです。
有限会社中村建築事務所

大泉の舎‐猫間障子のあるリビングルーム

有限会社中村建築事務所

こちらは山梨県を拠点に活動する有限会社中村建築事務所が手掛けた住宅のリビングルームです。障子の一部が開閉できるようになっています。このような障子を猫間障子と言います。無垢の木の漆喰による丁寧な仕上げで、室内にいても外のような居心地の良さがある空間となっています。近年ではガラス戸の組み合わせによる断熱効果や紫外線の軽減効果などから、和室だけでなく洋室においても障子が用いられています。

洋風にも合う障子

こちらは東京を拠点に活動する内田雄介設計室が手掛けた住宅のダイニングルームです。北面に設けられたトップライトからは1日を通して優しい光が差し込み、漆喰仕上げの壁を照らします。また正面には壁に引き込むことができる障子を設けられています。障子があることで落ち着いた明るさとなりゆったりとした時の流れを感じることができます。このように障子は紙による調湿効果や室内の保温性など優れた性能を持つため、現代では日本家屋だけでなく洋風の住宅にも取り入れられることが増えてきました。

PHOTO: kenji MASUNAGA

横額障子と縦額障子

100年前に建設されたこちらの古民家を、神奈川県を拠点に活動する【快適健康環境+DESIGN】森建築設計がフルリノベーションされました。こちらのプロジェクトでは多くの木製建具を再利用され、こちらのリビングルームの障子も洗浄し、障子紙を張り替えて再利用されています。左右で異なるデザインの障子で、左側は横額障子、右側は縦額障子と言います。2種類の美しい障子が空間に素敵な変化を与えてくれています。

木の幅が違うデザインの障子

こちらの独特の障子がある空間は、滋賀県を拠点に活動するFORM/KOICHI KIMURA ARCHITECTSが手掛けました。今までは障子といえば木の幅は統一され縦と横の線のみでしたが、こちらは木の幅を変えることで新しいデザインの障子を生み出されました。見る人の目を楽しませてくれる素敵なデザインの障子となっています。

Photo:Takumi Ota

日本の美

築39年の我が家に後30年快適に住まう!(リフォーム): (株)ハウスインフォが手掛けた廊下 & 玄関です。
(株)ハウスインフォ

築39年の我が家に後30年快適に住まう!(リフォーム)

(株)ハウスインフォ

こちらは兵庫県を拠点に活動する(株)ハウスインフォが手掛けました。光と影が織り成す芸術的な美をもつこちらの障子は、欄間の透かし彫りとも合わせて何とも言えない雰囲気を醸し出しています。また細かな障子の組子のデザインや欄間の透かし彫りが、日本の美を感じさせてくれる素敵な空間ですね。

写真:中村写真工房

ほんわかとした空間

こちらは埼玉県を拠点に活動する遠藤浩建築設計事務所が手掛けた、全て障子で仕切る家です。空間を仕切る建具は全て障子で作られています。そうすることでほんわかとした優しい空間を創り出されています。また障子を開けるとこちらのリビングルームに取り付いたすべての部屋がひとつながりになり、開放的な空間へとなります。閉じても障子がつくりだす柔らかな雰囲気で圧迫感を感じることはありません。そして障子は光だけでなく音も通すので、閉じたままでも家族の気配を感じることができます。

欄間障子

伝統のしつらえと、モダンライフの融合: 吉田建築計画事務所が手掛けたリビングです。
吉田建築計画事務所

伝統のしつらえと、モダンライフの融合

吉田建築計画事務所

最後に紹介するのは茨城県を拠点に活動する吉田建築計画事務所がリノベーションを手掛けた、こちらの住宅のリビングルームです。縦額障子の上には欄間障子があります。欄間障子とは、欄間に取り付ける小さな障子のことです。欄間は透かし彫りなどの彫刻を施した板をはめ込む場合もありますが、このように障子を用いることもあります。どちらもデザイン性が高く装飾を目的に用いられますが、それだけではなく換気や通風を確保したり、冬には隙間風を防ぐなどの役割を果たしています。

いろいろな障子のデザインはいかがでしたでしょうか?ぜひ感想をお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!