おしゃれなヘリンボーン床の家11選

A.Imamura A.Imamura
U邸-築18年、使っていない「倉庫」を整理した 株式会社ブルースタジオ モダンデザインの リビング
Loading admin actions …

ヘリボーン床という貼り方をご存知ですか?「ヘリンボーン(Herringbone)」とは、直訳すると“ニシンの骨”という意味です。Vの字に組み合わさった模様が魚の骨を連想させることからこの名前で呼ばれています。欧州の家でよく用いられるフローリングの貼り方で、高級感や上品やも演出できるので根強い人気があります。今回は、そんなヘリンボーン床のおしゃれな住まい11選をご紹介していきます。

1:レトロ感を引き出すヘリンボーン床に(After)

こちらは集合住宅の一室の改修によって、ヘリンボーン貼りを採用した住まい。中央の梁に解体時のラフさをそのまま残すことで既存の建具やキッチン、むき出しの配管やラワン合板、ヘリンボーン床と畳など、様々なスタイルを上手くミックスさせたリビング空間が生まれました。

クレジット: MoY architects


「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

※ の写真ページ


ヘリンボーン床に改修前の住まい(Before)

ヘリンボーン床に改修前の住まいです。画一的な間取りと日本の住宅に多い白を基調としたクロスであまり個性のない空間でした。改修後は、ラワン合板や木のフローリングで全体的に同じトーンの木材を使用していますが、床をヘリンボーン貼りにすることでアクセントとなる表情を表現しています。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している床工事業者 

2:ヴィンテージ感漂う大人の空間

こちらも改修が行われた集合住宅の6階最上階の住宅部。ファサードで使用された杉板型枠の打ち放しをアクセントで使用しモダンな内装としながらも、木製ルーバーやヘリンボーン貼りの無垢フローリングなど木の仕上げもふんだんに使用し、温もりも感じられる内装としています。ヴィンテージ感漂う大人の空間が表現されています。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 流行遅れでカッコ悪い?そんなことない、長尺シート床材の魅力


3:シンプルな切妻屋根とヘリンボーン貼りの空間

シンプルな切妻屋根の外観が印象的なこちらの住まい。内部はワンルーム空間を中心に、まるでボックスが配置されるようにキッチン、浴室、洗面、寝室、子供部屋などがあり、変化のある空間を創り出しています。それでは、この住まいのヘリンボーン貼りの空間を見てみましょう。

ヘリンボーン貼りとラフな印象のラワン合板の壁の組み合わせ

この切妻屋根の住まいのLDKは、床はナラ材のヘリンボーン床です。ダイニングテーブルの天板もナラ材に、脚部分は黒皮鉄でデザインされています。上品な印象のヘリンボーン貼りとラフな印象のラワン合板の壁の組み合わせは、カジュアルなお洒落さを演出しています。 

4:森に佇む山荘

こちらは、森に佇む山荘です。外観はブラウンのレンガ造りがクラシカルな印象を演出しながらも、ゆったりとした直線的なラインでモダンな印象を持ち合わせています。


クラシカル×モダンデザインが室内に広がる

ダイニングキッチン~029那須Hさんの家 atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE 北欧デザインの ダイニング 木 ブラウン
atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

ダイニングキッチン~029那須Hさんの家

atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE

外観のクラシカル×モダンな印象同様に、室内はヘリボーン床を採用し上品でクラシカルな印象をモダンな空間の中に保ちます。ぐるりと森の中に囲まれたような落ち着きのあるLDKは、木目の美しいヘリボーン床によって周囲の優しい緑にまるで溶け込むような心地よさを与えています。

5:ヨーロピアンテイストの小住宅に

外観(漆喰塗の外壁と木製窓) 中川龍吾建築設計事務所 クラシカルな 家 石灰岩 白色
中川龍吾建築設計事務所

外観(漆喰塗の外壁と木製窓)

中川龍吾建築設計事務所

こちらは真っ白い漆喰塗が眩しいヨーロピアンテイストの小住宅です。施主は、パリに在住経験のある夫妻で、フランスでの生活スタイルを思い出すようなヨーロッパテイストの外観や室内が広がります。

塗り分けたヘリンボーン貼りで表情豊かに

ダイニングよりリビングを望む 中川龍吾建築設計事務所 クラシックデザインの リビング
中川龍吾建築設計事務所

ダイニングよりリビングを望む

中川龍吾建築設計事務所

ヨーロッパの室内を想起させるヘリンボーン貼りに。ヘリンボーンの床は、塗り分けたものを使用し床に豊かな表情を与えています。ヘリンボーンの床のコントラストが美しく上品な印象に。白壁はスイス漆喰、床は全て無垢材に亜麻仁オイル、その他木部はリボス塗といった自然素材が用いられています。

6:倉庫だったマンションを温かみのある住まいに

U邸-築18年、使っていない「倉庫」を整理した 株式会社ブルースタジオ モダンデザインの リビング
株式会社ブルースタジオ

U邸-築18年、使っていない「倉庫」を整理した

株式会社ブルースタジオ

新築で購入して18年暮らしたマンションのリノベーション。11.7帖のリビングと5.1帖のダイニングキッチンが一緒になった広々とした空間には、ヘリンボーン貼りで温もりのある空間に。壁素材も珪藻土、タイル、レンガタイルと自然素材がミックスされ、心地よい暮らしが手に入りました。

7:ヘリンボーン壁で遊び心を

内と外を渡る家 ELD INTERIOR PRODUCTS オリジナルデザインの ダイニング
ELD INTERIOR PRODUCTS

内と外を渡る家

ELD INTERIOR PRODUCTS

ヘリンボーン貼りは、床だけでなく壁にも使うことが出来ます。こちらは、ダイニング・キッチン間の壁面にアサメラ板をヘリンボーンに設え遊び心を表現します。いつもの白い壁紙に飽きてしまったという人は、張って剥がせるヘリンボーン壁紙でお部屋をオシャレなアクセントを加えてみましょう。

8:ヘリンボーンの扉でお洒落なアクセント

ダイニング&キッチン 高松設計事務所 北欧デザインの キッチン 無垢材 木目調
高松設計事務所

ダイニング&キッチン

高松設計事務所

こちらは、オールステンレスのキッチンに、ヘリンボーンの扉でお洒落なアクセントを加えた空間。小窓や羽目板の折り下げ天井等々、細部に多くのこだわりが詰まってます。ヘリンボーンは品のある落ち着いたデザインなので、壁紙やフローリングのベースインテリアだけではなく、扉に用いても素敵です。

9:天井にヘリンボーン

こちらは、なんと天井に無垢のチークのフローリング材をヘリンボーン貼りにした住まい。ヘリンボーン仕上げでモダンで現代的な雰囲気を与える空間が広がります。一階からも眺められるこの部屋の天井は、ダイナミックな眺めを与えています。

クレジット: haus 山根徹也

10:キッチンタイルも

白いキッチンタイルはシンプルですが、その貼り方を変えるだけでおしゃれに見えます。こちらのキッチンは、白タイルをヘリンボーン貼りにしておしゃれな遊び心を加えています。ヘリンボーン貼りのデザインは、選ぶ色や素材によって全く違う表情を見せます。

11:仕上がりの美しさ

こちらは、オークのヘリンボーンフローリングと砂漆喰左官壁で仕上げられた空間。南の開口部から差し込む採光が美しくフローリングに広がります。このヘリボーン床の仕上がりの美しさは言うまでもありません。床の張り方が複雑なため、通常よりも工期が長くかかることはありますが、その独特のデザインは一つ上のおしゃれな空間を演出してくれます。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!