homifyが手掛けたキッチン

味わいのある空間、アンティーク住宅

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

「アンティーク」とは世間では良く聞きなれた言葉ですが、身近にアンティークな一品はありますか?なんだかその言葉の響きから、歴史を感じる味わい深いものといった感覚を受けますよね。骨董とアンティークは似て異なるものなのでしょう。西洋文化の歴史を感じる「アンティーク」は古さの中にも異なる文化を感じる新しさがありますよね。そこで今回ご紹介するのは、アンティークな物や雰囲気に包まれた住宅です。株式会社香瑛住研が手掛けた本住宅は、素材や小物、構造材までも、細かな部分から大きな部分まで、その住空間をアンティークで包む空間です。歴史ある味わい深い素材や物が大好きな人にとっては、より一層心地の良い住空間となりました。

控えめでナチュラルな外観

homifyが手掛けた家

白い壁に丸い豆窓、とシンメトリーに並ぶ小窓が印象的な、ナチュラルで控えめな外観。まるでヨーロッパの田舎町に佇んでいそうな風貌。正面に見える開口は少ないけれど、その大きな白い外壁からはホッコリとした雰囲気を感じます。玄関を灯す小さな灯りは西洋のような雰囲気を醸し出しています。

温かみあるアイテムがあるポーチ

homifyが手掛けた家

玄関ポーチを彩るのはまさに、ヨーロッパのようなアンティークさを感じるアイテム達。小さな柵を作る古木や木車輪に草掻きなど、素朴なアイテムはその時代の雰囲気さながら。ポーチを覆う庇や玄関扉はその古木の質感と違和感なく調和しながら温かみを感じる事が出来ます。

白いタイルの可愛いキッチン

homifyが手掛けたキッチン

まるでカフェのオープンキッチンのような雰囲気を持ったインテリア。ここにもアンティークアイテムが大活躍しています。白いタイル張りのアイランドキッチンはレトロな蛇口に流し台が絶妙にマッチしています。背面の壁面飾り棚には小さな観葉植物や食器に調味料など、見せながら手の届く小物収納として便利さも。コレクションしたものを見せながら、または見ることを楽しみながら日常に溶け込ませながら使う、物が活きた活用かもしれません。

柔らかい雰囲気のリビング・ダイニング

homifyが手掛けたリビング

「こだわり」が室内を満たすほどの味わい深い空間。まるで「普通」からかけ離れたような空間ですが、違和感を感じるどころか、柔らかく居心地の良さを感じることのできる雰囲気です。白い塗り壁に古材感を感じる柱や、床フローリングは思わずヨーロッパのお宅に招かれたような気分です。随所に照らす照明器具も暖かな雰囲気を作るのには欠かせません。

古木の出す雰囲気

homifyが手掛けた壁

重厚な雰囲気を持った古木の風合いがインテリアに溶け込む柱や梁。新しい木材の滑らかさや香りも清々しく新鮮さを感じることができますが、こんな重厚感ある木材も温かみと、貫録のようなものを感じます。

滑らかな白い壁

homifyが手掛けた壁

リビングスペースにある洞穴のようなスペース。室内を覆う、白い塗り壁はライトに照らされ一段とその素朴で滑らかな質感を楽しむことができます。アーチを描くようなスペースは空間に柔らかさと手作り感を感じさせてくれます。時が経る味わいはアンティークの持つ大きな魅力の一つでもあります。古くてもその機能とデザインを生活に取り込める、それぞれが違和感なく調和する住空間です。

アンティークなスペースについては、こちらの記事でも紹介しています。

アンティーク部材や建具を取り入れたオリジナルな家

アンティーク風にアレンジ!二世帯住宅リノベーション

手作り感とアンティーク家具を愉しむリノベーションハウス

アンティークが包むインテリアの住まいはいかがでしたか?是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!