Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた庭です。

築32年のまるで新築な木造住宅リノベーション

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

建て替えと、リフォームと。しばしばこの二つはどちらを選択すべきか迷うことも多いでしょう。リフォームやリノベーションはできることが限られていると思うこともあるかもしれません。しかし、予算や構造面も含め、よく検討してみるとまるで新築のようなリフォームをすることも可能なことがあります。今回ご紹介するのは、一級建築士事務所オブデザインが手がけたまるで新築のような木造住宅リフォームです。外観から一新したこの家は、とてもリフォームをしたとは思えない新鮮さがあります。

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた家です。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

Before:築32年の外観

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けたです。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

32年の歳月は、住宅のデザインを大きく変えました。建築基準法の変更や、災害もあり構造的にも心配な面があります。気密断熱の面から見ても不安要素がたくさんありました。

After:外観や敷地を整理

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた家です。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

庭を楽しみ、より暮らしやすくという想いから生まれた今回のプロジェクト。外観が大きく変わったことに驚かれる方も多いでしょう。以前の面影を感じないほどに大幅な変更が加えられた外観は、切妻屋根の昔ながらを感じる姿から、モダンで現代的な佇まいへと大変身しました。敷地に対して駐車スペースも停めやすいように整理され、とてもリフォームとは思えない仕上がりです。

After:庭を楽しむことができる間取りへ

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた庭です。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

リタイア後の生活は、庭づくりや菜園、ハーブなど庭を近くに感じながら暮らしをしたいという願いがあった住まい手。以前の木造住宅の間取りは大きく見直しがされ、LDKからは庭を眺め、行き来もしやすいような配置へ変更されました。大きな開口から見える抜群の景色と、設けられたウッドデッキはリビングの延長としても機能し、また庭へのアクセスを良好にするものとして存在感を増しています。耐震的な補強も見直されたからこそこうした大きな窓を設けることもでき、今までの暮らしががらりと変わる様子は爽快さも感じるほどです。心地よい風が家中を駆け巡り、日常に大きく豊かな変化をもたらしました。

After:使い勝手の良いキッチンへ

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けたキッチンです。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

30年の間には、日本のライフスタイルやキッチンのスタイルは大きく変化しながら成長しています。対面式が主流になった現在ですが、このスタイルのメリットは周囲に収納や家電を配置しやすくなったことです。まとまったキッチンスペースで調理や家事に集中しやすく、また昔のキッチンのように部屋として隔離されたり、閉ざされたりしないことで家族とのつながりを保つことも可能。ここで、庭で育てた野菜やハーブを使いながら、メニューを考えたりすることもより楽しくなるでしょう。広く使い勝手が良くなったキッチンは毎日の暮らしを豊かにします。

After:ホテルライクな洗面スペース

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた浴室です。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

全体にサブウェイ風タイルをあしらい、ペデスタルシンクが設置された洗面スペースは、まるで海外インテリアのようなシンプルでおしゃれなオリジナル空間に。タオルや収納ができる棚も併設され、使い勝手も抜群です。しばしば洗面所には、洗面台下の空間の他に棚や家具を設置しないと収納が足りないことも多く、ごちゃごちゃとした印象になりやすい場所でもあります。このように壁面にすっきりと収納できると気持ち良く使うことができるでしょう。ダストボックスの置き場所も確保され、限られた空間はすっきりと保つことも可能です。

After:畳の優しい寝室

Danchi house ―どこにでもある団地の家―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた和室です。
一級建築士事務所オブデザイン

Danchi house ―どこにでもある団地の家―

一級建築士事務所オブデザイン

フローリングが一般的になった現在も、畳の肌当たりのやわらかさや雰囲気の優しさは人気があります。高齢になってくると、布団よりもベッドの方が寝起きしやすいメリットがあるでしょう。縁のある畳は家具と相性が良くないこともありましたが、現代の縁なしの畳は部屋の雰囲気を保ちながらベッドを置いても違和感はありません。ナチュラルなカラーで落ち着きのある優しい雰囲気の寝室は毎日の癒しの場ともなる場所です。光が入る窓や、引き戸の採用で暮らしやすく快適な毎日を送ることができるようになりました。リフォームでもまるで新築のような変化を加えることができると、選択の可能性もぐっと高まってくるに違いありません。

リノベーションについては、こちらの記事でも紹介しています

※ マンションリノベーションのメリット・デメリットとは?実例と合わせてまとめ解説!

リノベーションで生まれ変わった築80年の家「土間空間のある家」

※ リノベーションのメリット・デメリットを実例とともに完全解説!

▶homifyで建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

まるで新築のようにもできるリフォームに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!