I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けた書斎です。

築35年の家をバリアフリーリフォームで不便さを解消した住まい

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

築年数を重ねた家は、つまった思い出や慣れた居心地が快適に感じることもあるでしょう。しかし年数を重ねることで不便さや少々の困った点も積み重なっていることを我慢していることもあるかもしれません。今回ご紹介するのは、下肢にハンディキャップを持つ娘さんを持つご家族の家です。車椅子や抱えて生活する点で、以前の家では不便なこともたくさんありました。今回はバリアフリーリフォームでその暮らしを改善し、家族がみんな笑顔で暮らすことのできる環境へ生まれ変わった住まいです。すまい研究室 一級建築士事務所が細やかな配慮を盛り込みながら築35年の家を変身させました。

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

Before:築35年の思い出が溢れる室内

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたです。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

狭くても部屋数を確保することが主流だった頃に建てられた家は、ところどころに柱が残ったり段差がある家でした。ほんのささいなことでも不便と感じる部分が山積みになります。

Before:梁のある場所に無理に取り付けられた吊り戸棚

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたです。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

構造躯体は第一に守るものですが、それをベースに使い勝手までは考えられておらず、キッチンと吊り戸棚の位置が合っていないため非常に使いにくいキッチンでした。ときに頭をぶつけることもあり、毎日の家事がストレスになってしまいます。

After:すっきりと心地よい空間へ生まれ変わったLDK

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたキッチンです。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

以前の閉塞感のあったLDKがすっきり広々とした空間へ生まれ変わりました。作業のしやすいキッチンは、システムキッチンと造作棚を組み合わせたオリジナルです。内装に合わせ家具も揃え、和の香り漂う凜とした雰囲気で明るい雰囲気になりました。LDKの隣には畳のある部屋が設けられ、ふすまで仕切るようにしながら、上部の欄間が透かしになっていることで天井がつながり閉塞した印象を与えません。畳の部屋で寝転がりながら、LDKでは家族との会話が楽しめる和気藹々とした時間を生むでしょう。

After:バリアフリーリフォームで段差の解消

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けたリビングです。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

この家のテーマだったバリアフリー。以前のほんのすこしの段差や、行く手を阻む動線が解消されストレスフリーな住まいへ変身。床材はパイン材のオイルフィニッシュ仕上げを採用し、肌触りの良く心地良い素材は裸足で歩きたくなります。夏はさらっと涼しく、冬は温かさを保つことができるのが無垢材フローリングの良さです。寝転んで過ごすことも多い娘さまのためにも、自然素材で優しい素材の床材はご両親が望まれていたことでした。

After:工夫がこらされたオリジナルの建具

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

柿渋色の建具は、車椅子にも対応できる幅で作られたオリジナルです。開けた時に障害が少なくなるよう、枠の仕様にも細かな配慮がなされています。また隙間風をガードできるような工夫も盛り込まれました。建材メーカー品のものはまだまだ機能重視でインテリア性に欠けるものも多くあり、なかなか希望に合うものが見つかりにくい現状があります。オリジナルで製作するものは、お手入れの必要さや自然素材ならではの季節による状態の変化が伴いますが、インテリア性と自由度の高さは抜群の心地よさが生まれます。無垢材のフローリングや家具と同様に、年月を重ね味わいを増していきます。手をかけていくのも、家への愛着が湧き長く愛される住まいになるでしょう。

After:ご主人のためのワークスペース

I宅 内部改修 マンションリノベーション: すまい研究室 一級建築士事務所が手掛けた書斎です。
すまい研究室 一級建築士事務所

I宅 内部改修 マンションリノベーション

すまい研究室 一級建築士事務所

自宅で仕事をされるご主人のためのコーナーです。以前はLDKの一角にあった事務机や周辺の書類などはこちらにすっきりと収納ができるように専用のスペースが設けられました。書棚やデスクスペースに加え、プリンタやスキャナを収納できるスペースなど、心地よく作業がしやすいように作られました。棚の下部は通風ができるような地袋となっており、隣の和室と風や空気が流れるように工夫がされています。空気が滞らず、家全体に風が流れることでさらに快適に過ごすことができる仕掛けが随所に施され、このバリアフリーリフォームを通してさらに家族が笑顔で暮らしていけるようになりました。

リノベーションについては、こちらの記事でも紹介しています。

新築vsリノベーション。比較することで見えてくるそれぞれの良さ

マンションリノベーションのメリットについて

リノベーションのメリット


バリアフリーな優しい住まいに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!