西側。河とグランドを臨む。: 白根博紀建築設計事務所が手掛けた家です。

幾何学的なデザインがお洒落!川沿いに建つコンクリート住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、コンクリートの幾何学的なデザインが目を引くモダンなデザインの住まいです。敷地が川沿いにあるということで、その周辺環境の状況も上手に利用し、小さいながらもお洒落で開放感のある住宅が実現しています。コンパクトな家で気持ちが豊かになれるような生活を望んでいる方にとっては、参考になるアイデアがあるかもしれません。この住まいを手掛けたのは、島根を拠点に活動する白根博紀建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

コンクリートとガラスのファサード

住まいのロケーションは島根県の住宅地。敷地の西側には川と学校のグランドがあるという状況で、視界を遮るものがなくスペースが開けていることが家を建てる上でのアドバンテージとなりました。そしてこちらが住まいの西側の外観です。鉄筋コンクリート造りの2階建てのこの住まいは、西日対策として作られたフレームのような形のコンクリートとガラスによって形成された幾何学的なデザインが、アートのオブジェのようにも見え、お洒落でクールな雰囲気を漂わせています。

格子がデザインのアクセントに

こちらは玄関側の外観の様子です。隣家や通りからの視線を避けるために、所々に目隠しの役割を果たす格子を取り付けていますが、逆にそれが外観デザインのアクセントとなっていて、コンクリート打ちっぱなしの無機質な印象の建物に、モダンな雰囲気と柔らかさをプラスしています。夕暮れ時には、このように格子の隙間から生活の明かりが優しくこぼれ、昼間とは一味違う住まいの美しさを演出してくれます。

眺めのいいリビング

こちらは2階にあるリビングの様子。西側に面した大きな開口からは川やこのように学校のグランドを見渡すことが出来ます。この住まいは、一方ではプライバシーをしっかりと確保し、他方では開放感や広がりのある眺めを室内から楽しむことが出来るという、小さくともメリハリがあり豊かな生活空間が実現しています。

シンプルでモダンなキッチン

こちらはリビングの隣にあるダイニングキッチンの様子。シンプルでモダンなデザインのキッチンはスッキリとしていて使いやすい印象。コンクリート打ちっぱなしの壁になじむように、全体が主張しない抑え目の色味で統一されて、落ち着いた雰囲気となっています。高めの位置に大きい開口を設けることで、自然光も十分取り込める上に、近所の視線を気にすることなく集中して作業に取り組むことが出来ます。

明るいダイニング

ダイニングから見たリビングサイド。: 白根博紀建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
白根博紀建築設計事務所

ダイニングから見たリビングサイド。

白根博紀建築設計事務所

こちらはダイニングキッチン側からリビング方向を見た様子です。リビングにある西側の大きな開口は、ダイニングキッチンにいてもその眺めを楽しむことが出来るので、視覚的にも抜けがあってとても快適な雰囲気。またトップライトが設けられているため、気持ちいい自然光も降り注いできます。室内にいながら空を身近に感じることが出来るのも素敵ですね。

川沿いで美しく佇む夜の住まい

こちらは夜、西側から見た住まいの様子です。昼間は川の水面の反射がコンクリートのファサードに美しい光と影となって映し出され、夜は住まいからの柔らかい明かりが水面を照らし昼間とは違った神秘的な美しさを作り出します。川沿いにあるという敷地の特徴を最大に生かし、西側の川の水面を意識して住まいを建てたことで、外観にも多彩な変化が生まれる魅力的な住まいとなっているようです。

川沿いにあるお洒落なコンクリート住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!